記事

天丼の「てんや」でインバウンドを睨んだキャッシュレス化の試みが始まる

 日銀は9月28日に「キャッシュレス決済の現状」というレポートを発表した。この要旨のなかに次のような指摘があった。

「日本は従来から、ドイツなどと共に、現金志向の強い国と捉えられてきた。もっとも日本でも、支払決済の効率化やデータの活用、インバウンド消費の取り込みなどを企図した、キャッシュレス決済推進の取り組みが活発化している。政府も、キャッシュレス化に向けた取り組みを進めている。」

 訪日外国観光客の増加や2020年のオリンピック・パラリンピックなどを控え、インバウンド消費の取り込みなどを企図したキャッシュレス決済推進の取り組みの事例として、天丼チェーンの「てんや」が完全キャッシュレスの店を試験導入することも挙げられよう。

 朝日新聞の記事によると、客の9割が訪日外国人という東京・浅草雷門店を改装し、2日に開いた「てんや」では、注文は、入り口近くのタブレット端末で行い、会計には、クレジットカードや電子マネー、QRコードなどを利用する。主に中国で使われる決済サービス「アリペイ」や「ウィーチャットペイ」も使うことができるようである。

 国内でのQRコードを使ったキャッシュレス化は、いろいろと進められているが、普及についてはいまひとつといったところとなっている。しかし、キャッシュレス化が進んでいる中国などの観光客にとっては、現金利用が主体の日本での買い物は不便なものとなっていよう。

 Origamiは銀聯国際と資本業務提携し、アジア太平洋地域、北米、中央アジア、中東、アフリカなど24の国と地域の750万を超える店舗で、銀聯QR決済のネットワークを利用したOrigami Payでの決済を実現すると発表した。国内においても、Origami加盟店での銀聯QR決済の利用を可能とするそうである。このように、インバウンドだけでなくアウトバウンドも睨んだ動きも出ている。

 現金志向の強い日本ではなかなかQRコードを利用したスマホ決済の利用が拡大してこない。しかし、国内の海外観光客向けとしてインバウンドを睨んでのキャッシュレス化が進み、今度は海外での日本人観光客がキャッシュレス決済の便利を体験してくるとなれば、いずれ日本でのスマホを利用してのキャッシュレス決済が一気に拡大してくる可能性はあるのではなかろうか。

あわせて読みたい

「スマートフォン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    組事務所は禁煙 変化するヤクザ

    BLOGOS編集部

  2. 2

    昭恵氏 居場所なくほぼ軟禁状態

    SmartFLASH

  3. 3

    河野外相 記者会見の態度を反省

    河野太郎

  4. 4

    カナダは中国の圧力に耐えうるか

    奥山真司

  5. 5

    40代で年収650万円は高収入か

    キャリコネニュース

  6. 6

    河野氏の答弁拒否より大きな問題

    大串博志

  7. 7

    来年の日本株価は「峠に向かう」

    川北英隆

  8. 8

    靖国で火をつけた中国人は再犯か

    和田政宗

  9. 9

    毒蝮三太夫「素人ウケはせこい」

    PRESIDENT Online

  10. 10

    家計の貯蓄現在高 平均1812万円

    MONEYzine

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。