記事

ZOZO「拝啓、前澤社長。」の新聞一面広告に反響、街からも好意的な声


通販サイト「ZOZOTOWN」を運営するスタートトゥデイが1日、「ZOZO」に社名を変更するとともに新聞に掲載した一面広告が話題になっている。広告の上段は前澤社長と社員の写真で、下段には「拝啓、前澤社長。」と題した社員一同からのメッセージ。その内容は次のようなものだ。

 「この半年ほど、社長が次々と巻き起こす話題や騒動。自分が勤める会社の社長ながら、社員としては若干呆れて見ていました。
 女優さんと恋愛するのも、プロ野球チームを持ちたいと夢を語るのも、月にアーティストを連れて行くのも、どれも悪いことではありません。どうぞご自由に!と思います。
 しかし、メディアの注目を集めまくる社長の姿をテレビの画面やネット記事で見ていると、私たちが知っている社長とは違うイメージが独り歩きをし、「ZOZOTOWN」やプライベートブランド「ZOZO」までもが、お客様から嫌われてしまうのではないか不安に思うときもありました。
 でも先日、日本はおろか、地球にとどまることなく月へ、宇宙へ羽ばたこうと子供のように興奮しながら夢を語る社長の笑顔を見て、ついに私たち社員も変わらなければいけないと決意しました。
 「人生は自分次第、会社は社員次第。」
 これからの株式会社ZOZO、プライベートブランド「ZOZO」を地球規模に普及させ、世界的なアパレル企業を目指していく「第二の創業」は、社長だけではなく
 私たち社員が主役です。

「世界中をカッコよく、世界中に笑顔を」届けるために、まずは私たち社員が社長よりもカッコよく、社長よりも笑顔を目指し、楽しく働いていきます。

社長、安心して月へ行ってらっしゃい!」

これに対し、前澤社長が「社名変更の新聞広告出しますが、社長確認なしでいいですか?ってこういうことだったのね。まあ控えめに言って幸せだわ。返信:社員たちへ、もっともっとやれ!笑。」と綴った投稿のリツイートは8000を超えるなど、反響を呼んでいる。この広告について、AbemaTV『けやきヒルズ』では街の人に意見を聞いてみた。


「その通り、会社は社員次第かなと。(社長に秘密だったことは)いいんじゃない。社員の自主的な活動なので」(50代・男性)

「会社は社員が作るものだと思うので、『社員が主役です』という言葉は心に響きます」(20代・男性)

「なかなか的を射ているようには思える。人生は会社の影響じゃないし、自分が決めるものだと。(社長に秘密だったことは)やりすぎじゃないか」(60代・男性)

「仲良さそうじゃないですか?言い方悪いけどサークルみたい。楽しそうで良いんじゃないですか」(20代・女性)

「社員に好かれる社長というのは大切なことだと思う。会社と従業員は恋愛関係みたいな感じで、会社のことが好きじゃないとだめだし、会社は社員を守るというお互いの気持ちが必要だと思うので、いい会社じゃないかなと思います」(40代・女性)


概ね好意的な声が聞かれたことについて、BuzzFeed Japan記者の神庭亮介氏は「こういったものはやり過ぎると身内ネタになってしまうが、好意的に受け止められているということは広告としてもうまくいっているということ」とコメント。

また、話題の絶えない前澤社長の姿勢に対し、「社長が調子に乗っていると思う人もいるかもしれないが、誰に迷惑をかけているわけでもないし、社会には“調子に乗れる人”が必要だと思う」と述べた。

(AbemaTV/『けやきヒルズ』より)

月旅行発表直後の「ZOZO」前澤氏独自インタビューを無料配信

あわせて読みたい

「前澤友作」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ソフトバンク HUAWEI問題で難局

    MAG2 NEWS

  2. 2

    日産社長 切られる前に切ったか

    片山 修

  3. 3

    ウーマン村本の社会派漫才に賛否

    女性自身

  4. 4

    中国が世界各紙でプロパガンダか

    和田政宗

  5. 5

    日の目が見えぬ産業革新投資機構

    ヒロ

  6. 6

    今年はAmazonセールよりPayPay

    永江一石

  7. 7

    日産社長の逮捕も避けられないか

    郷原信郎

  8. 8

    大企業に蔓延するエセ科学商品

    幻冬舎plus

  9. 9

    また脱線事故 韓国のいい加減さ

    団藤保晴

  10. 10

    貧困層が逃れられない現金の呪縛

    MONEY VOICE

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。