記事

ノーベル物理学賞、レーザー研究の米仏加3氏に 55年ぶり女性受賞


[ストックホルム/ロンドン 2日 ロイター] - スウェーデンの王立科学アカデミーは2日、2018年のノーベル物理学賞を米国とフランス、カナダの3人の科学者に授与すると発表した。視力回復手術やマイクロマシニングなどに利用できる精密工具となるレーザー技術を開発した。

3人のうち、ウォータールー大学のカナダ人女性、ドナ・ストリックランド氏は女性物理学者として3人目、55年ぶりにノーベル賞を受賞した。1903年にはマリー・キュリー氏、1963年にはマリア・ゲッパート=メイヤー氏が受賞している。

米ベル研究所のアーサー・アシュキン氏が同賞の2分の1を受賞。レーザーの光で「光ピンセット」を発明した。残りの2分の1は、米国籍を持つフランス人男性のジェラール・ムル氏と、ストリックランド氏が共同で受賞した。両氏は高強度レーザーを発明した。

ストリックランド氏は電話記者会見で「女性の物理学者を称賛すべきだ。いずれ、より速いペースで(女性物理学者が)前進する日が来ることを望む」とした。

ノーベル賞受賞者は長らく男性の科学者に偏っており、物理学賞では特にその傾向が強かった。

96歳のアシュキン氏はノーベル賞受賞者で史上最年長。ロイターとの電話インタビューで「今は太陽光エネルギーの論文で忙しい」と述べ、現在も新たな研究に取り組んでいることを明らかにした。

あわせて読みたい

「ノーベル賞」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    即位の礼 要人もどよめいた奇跡

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  2. 2

    昭恵夫人にドレスコード違反の声

    女性自身

  3. 3

    文氏低迷でGSOMIA維持派が台頭か

    高英起

  4. 4

    竹中平蔵氏 借金1000兆円は煽り

    PRESIDENT Online

  5. 5

    モテる男性が結婚繰り返す残酷さ

    NEWSポストセブン

  6. 6

    NHK大河が低迷 N国の追及を警戒?

    渡邉裕二

  7. 7

    収入ギリギリの住宅を買うリスク

    長谷川高

  8. 8

    佳子さまの十二単姿に「麗しい」

    女性自身

  9. 9

    よしのり氏「皇統の危機が心配」

    小林よしのり

  10. 10

    日本が財政破綻へ? カギは少子化

    永江一石

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。