記事

"サラリーマンが副業"稼げるバイトの実態

1/2

飲食店でのアルバイトから、自宅を使ったシェアハウスまで。本業以外で稼ぐにはいろいろな道がある。副業の解禁、シェアリングエコノミーの流行と周辺環境がめまぐるしく変わるなか、最新事情をレポートした。

■多様化する「もうひとつの財布」

ここ数年、好景気が続き多忙さが増すなかで、サラリーマンの給与所得は伸び悩んでいる。そこでプレジデント誌では「金額別」などの切り口でさまざまな副業を紹介してきた。ところがここへきて、2つの時代性により、状況が変わってきている。


ひとつは「副業解禁」が国レベルで提言され、「本業に影響を及ぼさない範囲で」認める企業が増えたこと。もうひとつは「シェアリングエコノミー」(個人間の貸し借りを中心としたモノ・サービス・場所の共有)が一般的になったことだ。

その結果、給料以外の“もうひとつの財布”の中身も多様化した。定番の副業から新たな副業、そして各種のシェアリングまで、取り組み可能な職種は意外と多い。

そもそも副業の意味は、年齢・ステージや目的意識で変わる――と筆者は考える。

20代前半の若手が「とりあえずのバイト感覚」で行う場合と、50代半ばで定年がチラつく世代の意識は違う。後者なら、定年後の安定収入や生きがいの視点で向き合うはずだ。

また、体を駆使する仕事のなかには、若者にはいいが、中高年には辛い職種がある。逆に、長く培った技術や経験が物を言う「顧問」のような副業もある。何を選ぶかはあなた自身だ。

以下、『金持ちになる副業100選 サラリーマンを副業にする超副業術』という著書を持つ副業の達人、ノーマン・浦田氏のアドバイスをもとに、注目の職種を紹介しよう。

副業編

まず身近なのが飲食店の接客だ。学生時代のバイト経験を生かせる人もいるだろう。東京都内であれば時給1000円超えも多い。20代なら新たな交流にもつながり、50代では第二の人生を見据えることも可能だ。

最近取材したカフェ経営者のなかには、製薬会社の元研究員、出版社の元編集者という異色の経歴も目立つ。もし「3年後にカフェを開業」という明確な目標があれば、“報酬が出るトレーニング期間”として、接客技術を磨く場となる。

お酒が好きな女性ならフロアレディもある。クラブなどアルコールを提供する夜型接客業だ。プレジデント誌2017年4月3日号の記事でも紹介したが、やはり稼ぐのなら東京・銀座がお勧め。渋谷や六本木よりも中高年の客層が多いが、客単価も高いので高時給が期待できる。

「寮を用意し、職と住を備えた店もありますが、それだと人間関係の苦労も多い。昼間は本業を持ち、週に何回かお店に通う副業型の働き方のほうがいいでしょう。私が行く店にも、昼間は結婚式場や病院に勤めている女性がいますよ」と浦田氏は指摘する。こちらもその後、独立開業する人もいる。

■語学力も磨ける観光ガイド

訪日外国人数3000万人(17年は約2869万人)時代となり、注目度が増すのが観光ガイドだ。副業にするなら、マッチングサイトに登録するのが一般的で、報酬の目安は半日で1万円だ。接客と国際交流が同時にでき、「英会話学校に行かなくても流暢になった仲間もいる」(専業ガイド)というが、英語など語学力+得意分野を持ちたい。

最近は「日本人の日常生活」や「日本らしい体験」が喜ばれるという。前者なら、たとえば下町の人情酒場に連れていく。後者なら、日本の武道(柔道、剣道、空手、合気道)体験ができる専門道場に案内するなどだ。ただし武道の場合は、集合時間に遅刻したり遊び半分だった外国人参加者を、空手の師範が激怒して叱り飛ばしたという話も耳にした。事前に礼儀を伝えることも大切だ。

■実入りがよい派遣型・一対多

「昼はスポーツクラブで働き、夜は派遣で鍼灸師をする人もいます。私がお願いしている先生は60分で1万円。国家資格が必要ですが、鍼や灸の専門サロンで働くよりも単価がよく、常連客がつけば手堅い。私がお願いしているのも派遣型ですが、腕がいい人は予約が取れないほどです」(浦田氏)

毎日違う場所に出向くので、派遣先の家や相手は安心か、のリスク管理も大切になる。浦田氏は、男女で副業への意識の差を指摘する。

「総じて女性のほうが副業に積極的。私のところに副業相談に来る人も、圧倒的に女性が多いです。男性は不満を持ちつつも現状肯定型なのか、あまりチャレンジしないように感じます」

スポーツ種目のコーチやトレーナーにもいえるが、組織に所属する場合と、個人レッスンで行う場合は、待遇や勤務条件が変わる。「スポーツクラブに所属して働く場合は、時給1000~1500円が目安ですが、個人レッスンなら同3000円が目安になります」(浦田氏)。

ゴルフが得意なら、ゴルフレッスンもある。いずれの場合も、公共施設よりも民間施設のほうが相場は高い。だが民間施設に所属すれば、指名が期待できる半面、相場は低くなる。浦田氏は、こうした資格・インストラクター系は、自ら教室を主宰して生徒を集める「一対多」の方式を勧める。そうすれば収入も上がる。前述の観光ガイドにもいえるが、同じ時間を割いて、1人を見る場合とグループを見る場合は金額が変わるからだ。

空き時間を有効に使うには、各種の代行業が発達している。

たとえば、お盆や彼岸の時期に需要が高まる職種に墓参り代行がある。墓地から離れた遠隔地に住んでいる人、高齢で足腰が弱った人などの代わりに、お墓に出向き、周囲の草むしりをしたり、墓石を洗ったりする。水受けを整え、花を供えるといった業務だ。

血縁や地縁が濃密な時代には「不謹慎」と言われただろうが、全国各地に墓地の放置や無縁墓が激増する時代だ。そう考えると、依頼主の思いを汲み取り、気持ちを込めてお参りしたい仕事だ。報酬は数千円が相場だが、時給換算では結構いい値段となる。これ以外に、結婚式や葬式などの代理出席もビジネスになっている。

昭和時代からある家事代行(お手伝いさん)も、やり方次第では、空き時間の活用になる。寮に出向き、朝の2時間だけ朝食や後片付けをする仕事もあれば、高齢の個人宅を日中に清掃する仕事もある。夜型の仕事もあるので、興味のある人は、キーワードで検索してはいかがだろう。

あわせて読みたい

「副業解禁」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 感染数より死亡数を見よ

    PRESIDENT Online

  2. 2

    東京の緊急事態対応は「まとも」

    木曽崇

  3. 3

    藤浪感染で残念な私生活が露呈

    NEWSポストセブン

  4. 4

    強制退寮 ハーバード大生に衝撃

    井上貴文

  5. 5

    キスも…慶応研修医の集団感染

    文春オンライン

  6. 6

    スペイン 死者が1万4500人突破

    ロイター

  7. 7

    今すぐに検討すべき現金一律給付

    BLOGOS編集部

  8. 8

    よしのり氏 政府の持久戦を支持

    小林よしのり

  9. 9

    感染爆発の米NY 市長が問題発言

    Rolling Stone Japan

  10. 10

    緊急事態会見はライターが上手い

    Chikirin

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。