記事

「多様性」の無理解が「全体主義」を生む

■「多様性」と「画一性」

 「多様性」、その言葉が意味するところは、「いろんな人々がいる」ということに尽きるが、いろんな人々がいるということは、「いろんな考えがある」ということでもある。

 少数のLGBT者と多数の非LGBT者が存在することも多様性なら、LGBTに理解を示す人と、LGBTに無理解な人がいることも多様性である。多種多様な考えが有ることを認めた上で、何が正しくて何が間違っているのか、そこを話し合いを通して詰めていくことによって、妥協点を見つける。それが、本来の多様性を認めた社会の姿である。

 ところが現状は、「少数派のLGBT者に無理解の者は火炙り(炎上)の刑だ!」と言わんばかりの、およそ多様性とは全く逆の「画一性」が蔓延っているかに見える。

 「画一性」とは様々な考えを統一するということなので、思想的には「全体主義」を意味している。
 様々な考えの妥協点を探るというのが「多様性」、様々な考えを1つに統一するのが「画一性」ということになる。この違いは小さいようで実に大きい。なぜなら、「画一性」とは「多様性」を認めないという意味だからである。

■「多様性」を認めるとはどういうことか?

 LGBT者と非LGBT者では何がどう違うのか? 両者がお互いを尊重するにはどういった社会を構築すべきなのか? 両者がストレスなく生きていくためには、どういったルールを作ることが正しい社会の在り方なのか? そういった社会のルールを構築していく過程において、LGBTの理解も深まり、無理解であった人も少しずつ理解していくことが可能となる。それこそ、多様性社会の有るべき姿のはずだ。

 「LGBTに無理解な人間は差別主義者だ!」「LGBTを差別するような発言は許されない!」、最近、そういった言葉をよく見聞きするが、結局、そういった意見は、何も話し合うことなく、初めからルールが決まっているようなものであり、「話し合う」という過程そのものがスッポリと抜け落ちてしまっている状態だとも言える。
 話し合うことで初めて「多様性」の妥協点が見つかるはずが、その過程をゴッソリと省いてしまっているわけだから、端から「多様性」を認めないということになってしまう。

■「多様性」の意味の再考を

 「話し合いなどするまでもなく差別をすることは悪いことだ!」と言う人がいるかもしれない。しかし、その「差別」というものも「多様性」と同様、「話し合う」という過程を経ないことによって深刻化するものである。

 なるほど、確かに現代における差別は、全て話し合うことのないタブーとなっている。そのタブーはなぜ生まれたのか? 話し合うことを行ってこなかったことにより差別は固定化されてきたはずだ。「多様性」ではなく「画一性」が、多くの「差別」を解決不可能な難題にしてしまったはずだ。
 「多様性」を認めることこそが「差別」を無くす手段と成り得ても、「多様性」を認めない「画一性」(全体主義)が「多様性」のことだと曲解していては差別が無くなるはずもない。

 初めに多様性とは、「いろんな人々がおり、いろんな考えがある」と書いたが、現代の日本での「多様性」は、「いろんな人々がいるが、いろんな考えは認めない」になってしまっている。これがなぜ多様性を認める社会になるのか解らない。

 ○「いろんな人々がおり、いろんな考えがある

 ●「いろんな人々がいるが、いろんな考えは認めない

 我々は、もう一度、「多様性」の意味を考え直す必要があるのではないだろうか。

あわせて読みたい

「LGBT」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  2. 2

    給付金効果はあったが見えぬだけ

    自由人

  3. 3

    官僚へ負担どっち? 野党議員反論

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    すすきの感染 酒飲みにうんざり

    猪野 亨

  5. 5

    日本における次世代の目玉産業は

    ヒロ

  6. 6

    処理水の安全 漁業側が自信持て

    山崎 毅(食の安全と安心)

  7. 7

    iPhone12かProか...売り場で苦悩

    常見陽平

  8. 8

    岡村結婚の裏に涙のエレベーター

    文春オンライン

  9. 9

    コロナ巡るデマ報道を医師が指摘

    名月論

  10. 10

    学術会議に深入りしない河野大臣

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。