記事

日系企業が英国のEU離脱より恐れるべき労働党のコービン新政権誕生

1/2
労働党大会の演説を終え、支持者に応えるジェレミー・コービン党首(筆者撮影)

[英イングランド北西部リバプール発]「英国民は従来のやり方がもはや機能しなくなっていることを知っている。労働党が革命的な解決策を提案しない限り、誰かが非難と分断の政治を操り、その溝を埋めることになる」

「だからこそ労働党は新しいマジョリティのために語るのだ。だからこそ昨年の総選挙で労働党の得票増加は1945年以降で最大になったのだ。だからこそ労働党のアイデアが『時代の空気』をつかんだのだ」

9月23日から4日間、リバプールで開かれた英最大野党・労働党大会の最終日、強硬左派のジェレミー・コービン党首(69)が吠えまくり、「労働党が政権をとる準備は整っている」と演説を締めくくった。

英労働党の党員数は19万人から56万人を突破し欧州最大に

難航する欧州連合(EU)離脱交渉を巡って揺れる、テリーザ・メイ首相の保守党と労働党の政党支持率を見ておこう。

昨年6月の総選挙で保守党の得票率は42.4%、労働党は40%。以降、労働党支持率は低落傾向にあるものの、保守党と拮抗している。

木村正人

英国政治に詳しいロンドン・スクール・オブ・エコノミクスのトニー・トラバーズ教授は筆者に「合意なき離脱が起きる可能性は比較的に低いが、離脱交渉が苦境に陥った場合、コービン政権が誕生する可能性はある。EU離脱の行方とコービン政権誕生の関係はリンクしている」と語る。

筆者は4泊5日で労働党大会を取材、影の閣僚の演説に耳を傾け、ミニ集会を回って下院議員や労働党支持者の声を聞いた。形ばかりの日本の党大会と違って民主主義が社会の隅々に根付く英国では、年に一度の政治フェスティバルの党大会に全国から市民団体や支持者が集まってくる。

世界中の政党が党員確保に苦しむ中、コービン労働党の党員数は19万人から昨年12月時点で56万4000人を突破し、党員数では欧州最大となった。片や保守党は12万4000人(推定)と低迷、党員の高齢化が進む。

コービン労働党の原動力となっている草の根左派運動「モーメンタム」は革新的な党内民主化を要求、これに守旧派の労働組合や既得権に安住する現職議員らが激しく抵抗している。

トニー・ブレア、ゴードン・ブラウン元首相や両内閣の参謀役だったピーター・マンデルソン氏ら「ニューレイバー(新しい労働党)」の姿はなく、中道勢力は完全に隅に追いやられていた。労働党は鼻面をモーメンタムに引っ張られている格好だ。

影の財務相・マクドネル氏が「綱領4条は今日でも有効」と衝撃発言

コービン党首より「左」のマクドネル影の財務相(左、筆者撮影)

それに加えて、衝撃的だったのはコービン党首より「左」と言われる女房役ジョン・マクドネル影の財務相(67)の演説だ。これまでハード・レフトのコービン氏とマクドネル氏がどんな過激な改革を唱えても「あっそ」の一言で済ませることができた。

しかし、EU離脱交渉が頓挫して総選挙が行われ、コービン政権が誕生する可能性も出てきたことから、日系企業の関心も一段と強まっている。今回のマクドネル演説はコービン政権に備えた青写真である。筆者が非常にショックを受けたのは次の下りだ。

「100年前の1918年、労働党は綱領4条を採択した。綱領4条は、肉体労働者または頭脳労働者に産業の完全な成果を保障している。100年前と同様、現在の経済が抱える課題に対する公正で民主的、集団的な解決方法は今日でも有効だ」

労働党綱領4条と言えば、英国政治を少しでもかじった人なら誰でもビクッと反応する。「ニューレイバー」を掲げたトニー・ブレア党首時代に綱領4条は書き換えられ、「生産手段の共有と産業の民衆による統制(生産手段の国有化)」に代わり「権力・富・機会の多数者への付与」がうたわれた。

「生産手段の国有化(社会化)」とは何を意味するのか、日本共産党のホームページに分かりやすく解説されているので要約する。

「個々の資本の利潤第一主義が経済の原動力になるのは、工場とか機械とか生産のための手段、装置が個々の資本の財産になっているところに基礎がある。その生産手段を社会全体の手に移し、しかも現実に生産に当たっている人が主役になって経済を動かすという方向に経済の仕組みを切り替える。個々の資本が持っている生産手段を社会全体の共有財産にしようという『生産手段の社会化』は社会主義・共産主義の大目標」

あわせて読みたい

「イギリス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    石原氏が怒る自衛隊員軽視に賛意

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    ドコモ4割値下げ宣言の裏事情

    大関暁夫

  3. 3

    沖縄報道で感じる民主主義の危機

    中田宏

  4. 4

    PayPayは成功? 商店街でみた現実

    MONEY VOICE

  5. 5

    南青山住民にひろゆき氏らが苦言

    キャリコネニュース

  6. 6

    ローラの辺野古巡る署名に10万人

    女性自身

  7. 7

    APAMAN爆発原因のスプレーに疑惑

    キャリコネニュース

  8. 8

    トランプ氏の中国つぶしは本気

    MONEY VOICE

  9. 9

    「性教育役に立たず」18歳の4割

    笹川陽平

  10. 10

    4Kと8Kテレビの購入はまだ早い

    krmmk3

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。