記事

10月1日(月)ムネオ日記

 昨日沖縄知事選挙の投開票が行われ、玉城デニー氏が勝利した。

「政権に痛手」「来年の参院選挙に影響」というメディアの見出しが躍るが、正しいだろうか。

沖縄知事選は沖縄県民が判断した結果である。沖縄の現状と他の都道府県のおかれている環境はそれぞれ違うのではないだろうか。今回の選挙、候補者の差が得票に表れたと私は思う。残念ながら佐喜眞候補は挑戦者であるべきなのに、受け身の姿だった。

8月8日翁長知事が亡くなった時、私は儀間光男参議院議員の集会にゲストとして出席した。その時、佐喜眞氏は入り口でお客さんに挨拶していたが、頭を下げることはなった。

 私に佐喜眞氏を紹介してくれたが、「佐喜眞です」とだけいって「宜しくお願いしますとか、力を貸して下さい」という言葉はなく、頭を下げるでもなかった。私はこの人は選挙に向いていない、上から目線だと直感した。

選挙中でもテレビから見る姿でも「何としても勝ちたい」という必死さを伝わってこなかった。

 一方、玉城デニー氏は明るく、フットワーク宜しく、しかも腰を低くして握手し、頭を下げ廻っていた。

 沖縄人は独特の感性がある。「ゆいまーる」、助け合い、絆を大事にする。二人を比較すると歴然と玉城氏の好感度が高かった。それが得票差となっている。人間力の差が選挙結果となって表れた。もう一つ故翁長雄志知事夫人の存在は大きかったと考える。

 沖縄の心を受けて最後は殉死ともいうべき翁長氏の姿を奥様は「主人の意思を継ぐ玉城さんです」と選挙後半、表に出てきた。見事な戦術、戦略と感心したものだ。弔い選挙は強いと言われるが、まさに結果に表れている。

 沖縄知事選挙は候補者の人間力の差であったと私は結論付けている。読者の皆さんはいかがお考えだろうか。

あわせて読みたい

「沖縄県知事選」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    在日ドイツ人監督が見た「アフター『ザ・コーヴ』」和歌山県太地町のイルカ漁の今

    木下拓海

    04月12日 08:07

  2. 2

    「リモートワークはサボっているのと一緒」「会食を中止しない経営者」コロナで退職を決意した人々

    キャリコネニュース

    04月12日 09:16

  3. 3

    メガソーラーが自然環境を破壊する?

    船田元

    04月12日 15:53

  4. 4

    <NHK『クローズアップ現代』TBS『あさチャン!』終了>全ての報道情報番組は権力の外に立て

    メディアゴン

    04月12日 08:39

  5. 5

    コロナ禍で「貧困」「困窮」「生活苦」のテレビ報道が急増!だが生活保護は…?

    水島宏明

    04月11日 15:34

  6. 6

    「これさえあれば何も怖くない」新たなスタートを切った加藤浩次、現在の心境を語る

    ABEMA TIMES

    04月12日 08:45

  7. 7

    コロナ禍で難しくなった株式投資

    ヒロ

    04月12日 11:13

  8. 8

    歴史問題持ち出し言いたい放題の中国 反論できない日本政府

    NEWSポストセブン

    04月12日 09:36

  9. 9

    山下達郎が初めて語った戦友・村上“ポンタ”秀一

    文春オンライン

    04月11日 14:51

  10. 10

    日本学術会議問題 会員の任命拒否と組織のあり方の議論は別

    小宮山洋子

    04月11日 18:36

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。