記事

米判事候補の暴行疑惑、政権がFBI調査の範囲制限か 民主反発


[ワシントン 30日 ロイター] - トランプ米大統領が連邦最高裁判事に指名したブレット・カバノー氏の性的暴行疑惑を巡る連邦捜査局(FBI)の調査に関し、ホワイトハウスが与党共和党と協力して調査範囲を限定していると報じられたことに、野党民主党の議員らは30日、懸念を表明した。

トランプ大統領は28日、カバノー氏から性的暴行を受けたと告発した大学教授クリスティン・ブレイジー・フォード氏が議会証言を行ったことを受けて、カバノー氏の追加調査に着手するようFBIに指示した。

カバノー氏はフォード氏の主張を否定しており、フォード氏以外に被害を訴えている2人の女性についても、疑惑を否定している。

ホワイトハウスの当局者がロイターに対し匿名を条件に話したところによると、ホワイトハウスはFBIによる調査の範囲を明確化した。当初、聴取対象となるのは4人だけだという。

NBCニュース、ニューヨーク・タイムズ紙、ウォール・ストリート・ジャーナル紙はこれより先に、ホワイトハウスが調査を制限していると報じており、上院司法委員会の民主党議員は懸念を表明。

同委員会のエイミー・クロブチャー民主党議員は米CNNテレビの番組で30日、「ホワイトハウスがFBIの調査を微細管理するのを認めるべきではない」と強調した。

同委員会は28日、FBIの調査が「現存する信用できる疑惑に限定され」、1週間以内に終わると説明。ホワイトハウスは調査に影響を与えようとしているという事実はないとした。

ホワイトハウスのサンダース報道官はFOXニュースのインタビューでFBIの任務遂行を「邪魔することはしない」と述べた。一方、ホワイトハウスのコンウェイ大統領顧問は、「情報収集活動にするつもりはない」と述べており、調査に制限が設けられる見通しであることを明らかにしている。

トランプ大統領は29日、FBIは「適切と見なすならば誰でも」聴取可能だと表明。30日には調査の範囲と期間に懸念を示した民主党議員らを批判した。

前出のホワイトハウス当局者によると、FBIの聴取対象となるのは、エール大学在学中にカバノー氏からわいせつ行為を受けたと主張するデボラ・ラミレス氏が含まれる。

ほかには、フォード氏による証言で、カバノー氏の性的暴行を目撃したとされたカバノー氏の友人マーク・ジャッジ氏や、性的暴行が起きたパーティーに参加したとされる2人。

カバノー氏の不適切な行動を実名で批判している3人目の女性、ジュリー・スウェトニック氏は当初の聴取対象に含まれていない。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    ひろゆき氏が日本の日付管理評価

    西村博之/ひろゆき

  2. 2

    田原氏「菅首相は地雷を踏んだ」

    田原総一朗

  3. 3

    北野武 死の「理由」憶測に持論

    NEWSポストセブン

  4. 4

    野党合同ヒアリングの悪者さがし

    千正康裕

  5. 5

    岡村結婚の裏に涙のエレベーター

    文春オンライン

  6. 6

    大阪市なくなるのは嫌という心理

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    在宅勤務のオンライン会議に弱点

    ヒロ

  8. 8

    白昼堂々万引きも放置? 米の現状

    後藤文俊

  9. 9

    給付金効果はあったが見えぬだけ

    自由人

  10. 10

    東京五輪中止の噂に組織委真っ青

    WEDGE Infinity

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。