記事

マリファナ株の乱舞で「チャリンチャリン」と稼いでいる証券会社

このところ米国株式市場では大麻(マリファナ)株がワイルドに乱高下しています。そのボラティリティーで儲けている証券会社がカウエン(ティッカーシンボル:COWN)です。

同社は今年がちょうど創業100周年。つまりそれなりに歴史がある証券会社です。昔ながらの証券リサーチ、トレーディング、新規株式公開(IPO)の引受けを中心に据えており、2009年以降はラミアス(Ramius)を買収したことで資産運用ビジネスにも乗り出しています。

同社は以前、フランスの銀行、ソシエテ・ジェネラルの傘下でした。しかし2006年にスピンオフされ、今では完全に独立しています。

同社の調査部は900銘柄をカバーしており1年に8千回に及ぶ投資カンファレンス、ワン・オン・ワン・ミーティングをアレンジしています。

同社のトレーディングデスクは過去1年にのべ110億株の顧客注文を捌きました。つまり中小証券としてはかなりアクティブなトレーディングデスクを持っているという事です。

過去12ヵ月のディール件数(IPO、公募増資など)は121件で、これも立派です。

カウエンは歴史的にロッキードなどの防衛産業のリサーチに強いことで知られていました。それに加えてバイオテクノロジーも強いです。

他の証券会社が大麻という投資テーマを敬遠しているとき、カウエンは積極的にこの新しい分野を開拓し、マリファナ株では圧倒的な存在となっています。

同社の株式引受けフィーは2014年以降年間1~1.9億ドルで推移してきましたが、今年は上半期だけで1.4億ドル売り上げており、絶好調です。バイオテクロノジー株のIPOがその主因ですが、これからは大麻株も寄与すると思われます。

今年のコンセンサス売上高予想は9.13億ドルです。


今年のコンセンサスEPS予想は$2.94です。2019年は$3.28です。

すると同社は来年のEPSに基づき僅か4.97倍の株価収益率(PER)で取引されていることになります。ちなみに他の証券株は平均11.4倍で取引されています。

さらに株価純資産倍率でみるとカウエンは0.7倍で取引されており、他証券の平均である1.3倍より割安です。

あわせて読みたい

「大麻」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    丸山議員の診断出した医師に憤り

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    「ガイアの夜明け」にねつ造疑惑

    和田政宗

  3. 3

    トランプ氏の対中政策は正しい

    奥山真司

  4. 4

    コンパクトカーの常識破るMAZDA3

    片山 修

  5. 5

    ミス誘ういきなりステーキの卓上

    かさこ

  6. 6

    HUAWEI 市場から姿消す可能性も

    ロイター

  7. 7

    コンドーム避妊では女性守れない

    週刊金曜日編集部

  8. 8

    巨人上原の遅すぎる引退に違和感

    幻冬舎plus

  9. 9

    茂木氏 丸山議員の診断書を尊重

    キャリコネニュース

  10. 10

    ジャニーズ好感度 元SMAPに明暗

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。