記事

"とにかく動け"と煽るマッチョにつける薬

1/2
「くまのプーさん」の実写映画が人気です。しかも公開以来、30~40代の男性観客の来場が増えているといいます。彼らはこの映画になにを求めているのでしょうか。ライターの稲田豊史さんは「最近は『とにかく動け』と煽る風潮が強い。そこに疲れた人が、プーさんの『何もしなくていい』という主張に共感しているのではないか」と分析します――。

----------

(C)2018 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

『プーと大人になった僕』

■製作国:アメリカ/配給:ディズニー/公開:2018年9月14日
■2018年9月22日~23日の観客動員数:第1位(興行通信社調べ)

----------

■ファミリー客やディズニー好きの女性客ばかりではない

『プーと大人になった僕』が2週連続の1位となりました。同作のモチーフになっている『くまのプーさん』は、A・A・ミルンが1926年に発表した児童小説ですが、多くの人にとって馴染み深いのは、それを原作に1960年代以降製作されたディズニーアニメ版ではないでしょうか。今回の映画版は、プーの親友である人間の少年、クリストファー・ロビン(ユアン・マクレガー)が成長して大人になった後の物語です。

知名度の高いディズニーアニメの実写映画化としては、『美女と野獣』(2017年、興収124億円)、『アリス・イン・ワンダーランド』(2010年、興収118億円)などのメガヒット作が思い浮かびますが、『プーと大人になった僕』は2週目で興収12億円超と、そこまでの勢いはありません。

ただ、筆者が意外に感じた点がありました。それは、複数の映画情報サイトが報じている「30~40代の男性も劇場に足を運んでいる」という事実です。「映画.com」では「劇中の主人公と同世代の30代から40代の働く男性の来場も増えてきているという」、「映画ナビ」では「劇中のクリストファー・ロビン世代の30代-40代の働く男性の来場も増えてきている」と書かれているのです。

アニメ版『くまのプーさん』といえばファンタジーな世界観が特徴ですし、映画本編にはぬいぐるみのような質感のプーたちがCGで愛らしく描かれています。となれば当然、小さな子どもを連れたファミリー客やディズニー好きの女性客ばかりではと考えがちですが、蓋を開けてみると必ずしもそうではなかったのです。

■本作はまごうことなき「サラリーマンはつらいよ映画」

なぜ、30~40代の男性客が来場するのでしょう。そのヒントは予告編にありました。多くの観客は予告編を観て観に行く映画を決めるものですが、『プーと大人になった僕』の予告編は、「仕事が忙しくて家庭をおざなりにしていた中年の男が、純粋無垢なプーに再会することによって改心し、家庭を大事にするに至る」話だということが、はっきりわかる作りになっています。この時点で、実際に仕事と家庭の両立に悩んでいる30~40代男性のアンテナにひっかかったと推察されます。

実際に映画を観てみると、時代設定は第二次世界大戦後のイギリスですが、クリストファーが取り巻かれている状況は、現代日本の30~40代男性サラリーマンとなんら変わりません。業績が悪い部署の管理職であるクリストファーは社長から厳しく経費削減ミッションを課せられ、休日返上でプランづくりに没頭。おかげで妻や娘の信頼を失ってしまってしまうのです。その意味で、本作はまごうことなき「サラリーマンはつらいよ映画」。既婚・子持ちの30~40代男性は、ここに思い切り共感します。

■『トレイン・スポッティング』の主人公が中年になった

クリストファーを演じたユアン・マクレガーというキャスティングも、30~40代男性のハートを掴みました。

彼が日本で最初に存在感を見せつけたのは、ドラッグ中毒の無軌道な青年を演じた『トレイン・スポッティング』(1996年)です。公開当時、同作はミニシアターでの上映作品でしたが、大学生の若者を中心にスマッシュヒットしました。その大学生は現在、40代前半です。

また、1999年から2005年にかけての『スター・ウォーズ』新三部作で、マクレガーは主役格のジェダイ騎士、オビ=ワン・ケノービを演じており、現在の30代男性が10~20代の時にリーチしました。

つまり、かつては不良のヤンチャ坊主として大暴れし(『トレイン・スポッティング』)、その後は堂々とした頼れる騎士として大活躍(『スター・ウォーズ』)したが、現在は"家庭持ちの疲れた中年"。この点も、30~40代男性がマクレガーに親近感を持ちやすい構造になっています。ちなみに、彼は1971年生まれの47歳。30~40代男性とまさに同世代です。


C)2018 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

■「"何もしない"は最高の何かにつながる」

サラリーマンとして、夫として、父親として、苦境に立たされたクリストファーは、ひょんなことからプーと再会します。会社からのプレッシャーで神経をキリキリさせ常に焦燥感にかられているクリストファーとは対象的に、プーは昔と同じ、のんびりマイペース。経費削減案を記した書類のカバンを後生大事にするクリストファーに向かって、「それって風船より大切なもの?」などと言います。

そんなプーや少年時代のクリストファーが唱え、劇中で幾度となく登場する最重要キーワードが、「"何もしない"は最高の何かにつながる」です。ちょっと哲学的な響きもあるこの言葉ですが、原作の『くまのプーさん』がお好きな方なら、有名な「"なにもしない"をしている」を思い浮かべたかもしれません。「"なにもしない"をしている」は、余白やプロセスの重要性を示したプーの名言です。

そんな原作『くまのプーさん』については、複数の識者が中国の道教(タオイズム)との共通性を指摘しています。タオイズムには「行(おこな)ったり、引き起こしたり、作ったりしない」という「無為(ウーウェイ)」と考え方があります。筆者なりに言い換えると、「一生懸命がんばりすぎると混乱するから、考えすぎないで自然に従えば、いい結果はおのずとやってくる」「ものごとはひとりでに、起こるべくして起こるものだから、無理に状況に介入してはいけない」といったニュアンス。これは「"何もしない"は最高の何かにつながる」にそっくりです。

あわせて読みたい

「ディズニー」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    イチロー会見で雑なマスコミ露呈

    山本直人

  2. 2

    消費税増税分の84%は使途不明か

    田中龍作

  3. 3

    利益は上げず会社を憎む日本人

    橘玲

  4. 4

    文大統領が外交儀礼で大ミス連発

    和田政宗

  5. 5

    やる気ないオジサン会社員の胸中

    城繁幸

  6. 6

    日本を盗っ人と呼ぶ韓国は卑劣

    PRESIDENT Online

  7. 7

    Googleマップ ゼンリンと決裂か

    NewsInsight

  8. 8

    違法DL規制 誤解広がり見送りに

    甘利明

  9. 9

    民放連がAM放送の廃止を要請へ

    MAG2 NEWS

  10. 10

    大阪府市が良関係なら都構想不要

    緒方 林太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。