記事

佐藤優×片山杜秀対談 旧陸軍と現官僚組織の相関

【佐藤優氏と片山杜秀氏(右) 撮影/太田真三】

 官僚たちが世間を賑わす事件が相次いでいる。高度経済成長の立役者と言われた官僚機構はなぜ崩壊したのか。作家で元外務省主任分析官の佐藤優氏と思想史研究者・慶應大学教授の片山杜秀氏が語り合った。

佐藤:国を豊かにしたいという使命感は持ってしかるべきです。国際的には標準的なエリート官僚の考え方と言えます。でも「持たざる国」を「持てる国」に変えるのは陸軍だけでは不可能でしょう。

片山:国家の方針の問題ですからね。たとえば、陸軍の軍人だった永田鉄山は神がかった精神主義だけでは「持たざる国」が「持てる国」に対抗できないと考えた。そこで陸軍だけでなく、内務省、大蔵省、農林省、商工省などの省庁を巻き込んで1927年に総力戦のために必要な資源などの調査研究を担う内閣資源局を作ります。また石原莞爾は、満洲国建国によって日本を「持てる国」に変えようと考えた。ただし、彼らは陸軍のなかでも特殊な思想を持つ一部の人間だったということも忘れてはいけない。

佐藤:そう思います。多数は、凡庸な人間たちです。私は文書作成能力が高い人間から昇進していく旧陸軍の人事システムに問題があったと考えているんです。

 戦前、旧陸軍が最後に近代戦を経験したのは、1904~05年の日露戦争です。次が1938年に満洲でソ連と衝突した張鼓峰事件。33年間も実戦を経験していない軍隊で、出世するのは文書作成に長けた軍人です。

 もちろん企画立案も、その企画の実行も、その評価も陸軍内で行われる。客観的な外部の評価を受ける環境ではなかった。するとどうなるか。身内を身内が評価するわけですから、何があっても「成功」か「大成功」にしかならない。

片山:退却を「転進」と言い換える旧陸軍の体質につながる指摘ですね。そしてそれは現在の官僚組織に受け継がれているのではないでしょうか。

佐藤:おっしゃるように、その体質は戦後の官僚組織に残っています。記憶に新しい財務事務次官のセクハラ騒動もそう。女性記者に対する「手縛ってもいい?」「胸さわってもいい?」という音声が出ているのに、福田淳一はセクハラをしていないと否定した。麻生財務大臣も福田をかばった。当事者がそれぞれ自分の意見や評価を勝手に述べているだけで、客観的評価とは言えない。

片山:外部の人や組織が調査し、評価すべきなのでしょうが、財務省は自ら調査委員会を設置した上、セクハラを受けた女性記者に調査の協力を求めた。

佐藤:被害女性に名乗り出るように呼びかけて、部下や息がかかった弁護士に調査させようというわけですからね。これって「文句あるなら、一歩前に出ろ!」という話でしょう。

片山:そこにも帝国陸軍の伝統がしっかり残っていたわけか(苦笑)。

 セクハラの次は文科省の元局長が息子の裏口入学を巡る疑惑で逮捕された。多くの国民は、官僚の倫理はここまで崩壊したのか、と思ったでしょう。

佐藤:いや1度、そうした組織に籍を置いた身からいえば、もともと彼らに高尚な職業意識はないですよ。

片山:私もそう考えます。テレビや映画で特別な志を持つ国士的な官僚が美化されて描かれていることに違和感を覚えてきました。

佐藤:現実からかけ離れた特別な志を持つドラマチックな官僚のイメージを作ったのが、作家の城山三郎です。その最たるものが、政策実現に命がけで取り組むアツい通産官僚が登場する『官僚たちの夏』です。

片山:城山三郎は、官僚に限らず、清く正しい政治家や企業人を好んで描いた。戦争末期、海軍の志願兵になった城山は軍に大きな疑問を抱いた。それが反転して非軍人はまともなはずと思い入れた。

佐藤:その幻想がエリート信仰と合わさって再生産されていった。官僚幻想を広めたもう一つの嚆矢が『ジャパン・アズ・ナンバーワン』です。社会学者のエズラ・ヴォーゲルは、高度経済成長を分析し、通産省や大蔵省を絶讃しました。

片山:けれども、幻想はあくまでも幻想です。城山三郎は戦前も戦後も、個人的な使命感を持った立派な官僚がいたと言いたいのかも知れませんが、所詮はフィクションに過ぎなかった。

佐藤:標準的な官僚の基本は、休まず、遅れず、働き過ぎず。いまも昔も官僚は、現実的な与見のなかでしか物事を発想しない。仮にいまの外務官僚なら北方領土を取り戻すとか、警察官僚なら過激派を撲滅するとか。そのような与見のなかで働いている。場合によっては命を賭けることも厭わない。でも与見を超える異常な志を持つ人間はまずいません。そもそもそういう人間は官僚になろうとは思わないはずです。

片山:いたとしても組織の中でやっていけずにやめてしまうでしょう。城山三郎が描いた官僚像とは真逆の悪代官のような官僚が登場する作品はないのですか?

佐藤:江戸川乱歩賞を受賞した高柳芳夫ですかね。ろくでもない官僚がたくさん登場して面白い。

片山:名前は知っていますが、読んだことがなくて。どんな方なんですか?

佐藤:京大大学院を出て、ノンキャリアで外務省に入った人です。私が入省したころにはすでに辞めていたのですが「高柳の本は読むな」という回章がくるほど、外務省の内情を赤裸々に描いていた(苦笑)。

片山:外務省がそこまで言うなら、やはり実話が元なのでしょうね。

佐藤:高柳は在任中に作家デビューするのですが、外務省上層部の逆鱗に触れて左遷された。外務省にキレて書いたのが『影を裁く日』。欧州局長がホテルの日本庭園で殺されるのですが、犯人はうんこのなかに落っこちた大臣夫人の指輪を拾わされた事務官。その恨みで官僚たちに復讐するというミステリーです。

片山:政治家の夫人に仕える官僚が事件を起こす。森友問題にも通じそうなモチーフです。しかし、国家を背負う使命感に燃える官僚像よりリアリティがある。

【PROFILE】かたやま・もりひで/1963年生まれ。慶應大学法学部教授。思想史研究者。慶應大学大学院法学研究科博士課程単位取得退学。『未完のファシズム』で司馬遼太郎賞受賞。近著に『「五箇条の誓文」で解く日本史』。

【PROFILE】さとう・まさる/1960年生まれ。1985年、同志社大学大学院神学研究科修了後、外務省入省。主な著書に『国家の罠』『自壊する帝国』など。片山杜秀氏との本誌対談をまとめた『平成史』が発売中。

※SAPIO2018年9・10月号

あわせて読みたい

「佐藤優」の記事一覧へ

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    田原氏「菅首相は地雷を踏んだ」

    田原総一朗

  2. 2

    ひろゆき氏が日本の日付管理評価

    西村博之/ひろゆき

  3. 3

    北野武 死の「理由」憶測に持論

    NEWSポストセブン

  4. 4

    東京五輪中止の噂に組織委真っ青

    WEDGE Infinity

  5. 5

    ヒトの善意で生物が死滅する恐れ

    fujipon

  6. 6

    白昼堂々万引きも放置? 米の現状

    後藤文俊

  7. 7

    デジタル化の加速で高齢者に懸念

    船田元

  8. 8

    大阪都構想 橋下氏が悪目立ちか

    早川忠孝

  9. 9

    岡村隆史の結婚でNHKは一安心?

    渡邉裕二

  10. 10

    日本を利用し中国に媚売る文政権

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。