記事

米個人消費、8月は増加 物価の伸び減速

[ワシントン 28日 ロイター] - 米商務省が28日発表した8月の個人消費支出(季節調整済み)は前月比0.3%増と安定的に伸びた。市場予想と一致した。7月は0.4%増だった。物価の伸びは減速した。

支出は医療費が増える一方、自動車の購入は減少した。

MUFG(ニューヨーク)の首席エコノミスト、クリス・ラプキー氏は「成長が底堅く、インフレ圧力は控えめだ」と指摘。「追加利上げが引き締めの様相を呈する中、段階的に行っていく上でこうした環境は連邦準備理事会(FRB)がまさに必要とするものだ」と話した。

インフレ調整後の実質消費支出は前月比0.2%増。7月は0.3%増だった。

8月の個人消費支出の内訳は、モノが前月比0.3%増。ガソリン価格の上昇が押し上げ要因だったとみられる。サービスは0.4%増。医療費が最大の押し上げ要因だった。

個人消費支出(PCE)価格指数は変動の大きい食品とエネルギーを除いたコア指数が前月から横ばいで昨年3月以来の低水準となった。7月は0.2%上昇していた。

8月の前年同月比は4カ月連続で2.0%上昇した。コアPCEの前年同月比は米連邦準備理事会(FRB)が物価の目安としている。コアPCEは3月に、2012年4月以来初めてFRBの目標である2.0%をつけた。

米国は24日、2000億ドル相当の中国製品に対する新たな関税を発動し、中国も600億ドル相当の米国製品を対象に報復関税を発動した。

ウェルズ・ファーゴ証券のシニアエコノミスト、ティム・クインラン氏は米国の関税発動について、「関税対象規模が事実上3倍に増え、物価に影響が出る可能性もある」と指摘した。

8月の個人所得は0.3%増。7月も0.3%増加していた。賃金は8月に0.5%増加した。貯蓄率は6.6%と、前月から変わらなかった。

*内容を追加して再送します。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ホロコースト揶揄を報告した防衛副大臣に呆れ 政府のガバナンスは完全崩壊か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月23日 10:46

  2. 2

    天皇陛下の開会宣言に着席したまま…菅首相に「不敬にも程がある」と非難の声

    SmartFLASH

    07月24日 08:58

  3. 3

    橋本会長、「選手のプレイブック違反」証拠をお見せします 出場資格を取り消せますか

    田中龍作

    07月23日 08:33

  4. 4

    バッハ会長“長過ぎスピーチ”で…テレビが映さなかった「たまらずゴロ寝」選手続々

    SmartFLASH

    07月24日 09:20

  5. 5

    天皇陛下と同列?五輪開会式でのバッハ会長の振る舞いに違和感続出

    女性自身

    07月24日 11:55

  6. 6

    感染爆発は起こらないことが閣議決定されました

    LM-7

    07月23日 22:45

  7. 7

    自民党で相次ぐ世襲の新人候補者 3つの弊害を指摘

    山内康一

    07月24日 09:24

  8. 8

    前例を覆した開会宣言 政府の緊急事態宣言よりも感じる「重み」

    階猛

    07月24日 10:39

  9. 9

    退職金や老後資金を吸い上げる「ラップ口座」の実態

    内藤忍

    07月24日 11:33

  10. 10

    五輪めぐる批判と応援 「矛盾」と切り捨てる必要はない

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月24日 09:00

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。