記事

樹木希林さん出演の富士フイルムCMが限定公開 義理の息子・本木雅弘さんとの共演作品も

富士フイルムは9月28日、15日に亡くなった女優の樹木希林さんが出演した同社テレビCMの一部を、期間限定でネット公開した。

樹木さんは生前、同社のテレビCMだけで268本出演した。公開されるのはこのうち、樹木さんが初出演した1978年放映の「お正月を写そうフジカラーF-Ⅱお年玉篇」や、昨年から2018年にかけて放映された「お正月を写そう 人気者とお正月イヤーアルバム」など11本。「樹木さんの生前のご活躍をしのび、共演者ならびに関係者の皆様のご協力を得て」公開が実現した。

「樹木希林」として出演した唯一のCMも公開

画像は同社サイトの一部をキャプチャ

岸本加世子さんの「美しい方はより美しく、そうではない方はそれなりに」というフレーズが人気となった1980年放映のバージョンも、公開されている作品の1つだ。樹木さん演じるキャラクターの名前が「綾小路さゆり」だと明かされたのもこのCMだった。

「お正月を写そう」シリーズは、話題になった出来事を取り上げ注目されることも多かった。2002年の同シリーズでは、樹木さんが多摩川に現れたアザラシ「タマちゃん」に扮して温泉に入るなど、ユニークな内容になっている。2005年の「写ルンです Night&Day 花火のやる気」では、2017に芸能界を引退した堀北真希さんと共演していた。

2006年の「PHOTO IS 樹木希林」では、綾小路さゆりとしてではなく「樹木希林」として出演した。「私篇」では、幼少期を始めとするこれまでの自身の写真を、アルバムをめくって振り返り、「女優は歳をとることにブレーキをかけたがる。だけど、歳をとることが私は面白い」と心境を語った。「家族写真篇」では、夫の内田裕也さんと撮った写真が複数枚公開されていた。

2012年から13年にかけて放映された「お正月を写そう 心に青空・Xシリーズ」では、息子の本木雅弘さんと共演。親子の掛け合いも懐かしい。CMは9月28日から10月14日まで、同社サイト内で公開される。

あわせて読みたい

「富士フイルム」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    賭け麻雀合法? 宗男氏声荒らげる

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    欧州で超過死亡 コロナ関連か

    ロイター

  3. 3

    裏に電通? 怪しいコロナ業務委託

    青山まさゆき

  4. 4

    役満狙った黒川氏 イカサマ失敗

    毒蝮三太夫

  5. 5

    黒川騒動で賭け麻雀モラル崩壊へ

    木曽崇

  6. 6

    安倍首相のサミット訪米に反対

    鈴木しんじ

  7. 7

    コロナで「おさわり」も禁止せよ

    幻冬舎plus

  8. 8

    テラハ問題を理解できぬ若者たち

    NEWSポストセブン

  9. 9

    新検事長は安倍政権の不正に迫れ

    天木直人

  10. 10

    月に30万円稼ぐパパ活女子の本音

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。