記事

体外受精はいまだ人体実験のレベルなのか?

昨年から今年にかけて開催された連続シンポジウム「激動する世界と宗教」。

その最終回の模様を収録した「宗教と生命 激動する世界と宗教」の中での、
生命倫理学を専門とする安藤泰至氏の発言に驚いた。

「体外受精の成功率を考えてみてもそうです。実際に元気な赤ん坊が生まれてくる確率は現在でもせいぜい15~20%です。1983年に東北大学の病院で、日本で最初の体外受精がおこなわれましたが、そこから4年間の成功率はたった2.4%、40~50人に1人しか成功しませんでした。その段階で、体外受精の専門病院が東北にできているんです。」

こんなに成功率が低いなんて…、本当なのか?と調べてみると、
日本は実施件数が世界最高だが成功率は世界最低、という衝撃データも。

成功率低すぎ!日本の不妊治療の残念な実態(東洋経済オンライン)

かなりお金がかかると噂を聞いていたので、
勝手に5割くらいの成功率だと思いこんでいたのだが。
2013年に出生前診断が解禁になったのは、こういう背景もあるのだろう。

こうなるとたしかに安藤氏の指摘するとおり治療と言うより実験に近い。

「治療と称しているけれども、実際にはどんどん試してみて、失敗を重ねていくことで、うまくいかない原因がどこにあるのかを推測し、技術を改良していこうとする実験的技術です。技術の提供者が、とにかく夢だけは追っている。実際には人の欲望をかきたてているだけで、現実に生命の操作ができていたわけではありません。」

でも人体実験は少し言いすぎかもしれない。

技術を進歩させたい研究者と子供が欲しいお金持ちとの間に、
欲望と利害が一致しているのだから、批判するようなものではない。

この先、研究が進んで成功率が高まり、
安価で誰もが受けられる未来のための投資だと考えた方がよさそうだ。


宗教と生命 激動する世界と宗教 (角川学芸出版単行本)
・著者池上 彰,佐藤 優,松岡 正剛,安藤 泰至,山川 宏
・出版日2018/09/21
・商品ランキング12,679位
・Kindle版159ページ
・出版社KADOKAWA / 角川学芸出版

あわせて読みたい

「出産」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「Mr.慶應」性犯罪で6度目の逮捕

    渡邉裕二

  2. 2

    昭和の悪習 忘年会が絶滅する日

    かさこ

  3. 3

    医師が語る現状「医療崩壊ない」

    名月論

  4. 4

    早慶はいずれ「慶應一人勝ち」に

    内藤忍

  5. 5

    再び不倫 宮崎謙介元議員を直撃

    文春オンライン

  6. 6

    感染増の原因はGoToだけではない

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  7. 7

    テレビ劣化させる正義クレーマー

    放送作家の徹夜は2日まで

  8. 8

    案里氏 法廷で昼ドラばりの証言

    文春オンライン

  9. 9

    公務員賞与0.05か月減に国民怒れ

    わたなべ美樹

  10. 10

    宗男氏 桜疑惑めぐる報道に苦言

    鈴木宗男

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。