記事

小室圭さん、残高証明難しく留学ビザ取得ならず 一時帰国か

【10月に一時帰国の情報が(写真/共同通信社)】

 現在、眞子さまとの婚約内定が延期される中、ニューヨークのフォーダム大学ロースクールのキャンパスに留学中の小室圭さん(26才)。今年8月上旬に渡米してからまだ2か月も経っていない。しかし、そんな小室さんに「10月中に一旦、帰国するのではないか」という話が持ち上がっている。

「小室さんは、日本を発った時点では、長期の留学に必要な『留学ビザ』を取得していなかったようです。だから、3か月以上はアメリカに連続して滞在できない。10月下旬までに、一度は日本へ戻らないといけないようなのです」(外交関係者)

 アメリカに留学する学生は、あらかじめ留学ビザを取得してから海を渡るのが一般的だ。留学ビザを取得するためには、必要な申請料や書類を用意し、アメリカ大使館か領事館で面接を受ける必要がある。

「申請書類の中でネックになりがちなのが、『財政能力証明書(残高証明書)』です。留学先の大学や語学学校などの授業料、寮費やホームステイ代、教科書代に加え、帰国時の飛行機代なども含まれます。

 一般的には、銀行の預金残高を英文で記録した証明書を提出します。本人以外でも祖父母や親の銀行口座でも構いません。アメリカに1年留学するのに、300万円ぐらいが相場だとされています」(留学エージェント関係者)

 小室さんは国際基督教大学(ICU)3年生の時にもカリフォルニア大学ロサンゼルス校への1年間の留学を経験。その時にも残高証明書を提出した。

「その時、小室家には充分な預金額がなかったそうです。そこで圭さんの母親・佳代さんが元婚約者の男性に“留学の残高証明のために、一時的に銀行に200万円を送金してほしい”と頼んで借りたそうです。それを、いわば“見せ金”にして留学ビザの審査を乗り切ったそうです」(小室家の知人)

 ただ、今回の留学はその時よりはるかに高いハードルを課せられた可能性がある。一般に、留学先の大学が入学許可証を発行するのと同時に、留学のために必要な金額を指定する。勤務先である法律事務所からの生活費のサポートと、約200人の同級生の中から1人だけが選ばれる「マーティン奨学金」により授業料が免除されているものの、同大学に通学するのはなかなか一般庶民には難しい。

「フォーダム大学ロースクールは全米でも有数の高額な授業料で知られ、しかも3年間も留学するのですから、少なくとも1500万円、多ければ3000万円ほどの残高証明が求められたはずです。

 小室さんへの奨学金がいつ決まったかはわかりませんが、大学側は“天皇の孫娘の婚約者”ならばそれぐらいは用意できるはず、少なくとも保証してくれる後見人がいるだろうと考えてもまったく不自然ではありません」(前出・外交関係者)

 ところが、現実的には、小室家が抱えている400万円の金銭トラブルがいまだに解決されていないことを考えると、その残高証明は難しいことだったのだろう。

「なぜ留学ビザを取得しなかったのか、まず考えられる理由は、その財政能力証明のことでしょう。渡米した現在でも、ビザ問題がクリアされているのかは、定かではありません」(前出・外交関係者)

 一方で、宮内庁関係者はこんな見方をする。

「3か月に1度、帰国しなければならないとなると、出発時点で、10月末頃までに帰国しなければならないことはわかっていたはず。普通であれば留学後間もなく、勉強で多忙な生活の中、何日も割いて帰国しなければならないようなことは避けるはず。にもかかわらず、小室さんがビザを取得せずに留学をスタートさせたとすれば、そもそもその“帰国”を計算していたのでは、という見方もあります。

 10月は、5日が小室さんの誕生日、23日が眞子さまの誕生日で、ふたりにとっては特別な月です。その時期を一緒に日本で過ごそうという思いがあったのかもしれません。ビザを理由にすれば、何があっても帰国する“正当な理由”になりますから」

 神奈川県横浜市。渡米後、小室さんの自宅マンションには夜になっても明かりがともらないという。

「佳代さんの姿も見かけなくなりましたよ。もう、どこかへ引っ越したのではないですか」(近所の人)

 だが、マンション前には警察が警備するための「ポリスボックス」が置かれたまま。最近、扉には鍵がかけられたが、撤去されてはいない。

「小室さん側から神奈川県警サイドに、“しばしば帰国するので残しておいてほしい”とリクエストがあったそうです」(皇室記者)

 たしかに、「3か月に1度の留学中断帰国」という情報とつじつまが合う。

※女性セブン2018年10月11日号

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国現代自動車はなぜ凋落したか

    ロイター

  2. 2

    徴用工判決で日本「韓国撤退」も

    NEWSポストセブン

  3. 3

    宗男氏「日ロ会談で歴史動いた」

    鈴木宗男

  4. 4

    自民・後藤田正純氏が結婚詐欺か

    文春オンライン

  5. 5

    徴用工判決 韓国内でも疑問の声

    NEWSポストセブン

  6. 6

    山本一郎氏 川上量生氏を提訴へ

    やまもといちろう

  7. 7

    蓮舫氏に答弁 気の毒な桜田大臣

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  8. 8

    日露会談 安倍首相は譲歩しすぎ

    大串博志

  9. 9

    スーツ買えぬ若者に企業は配慮を

    工藤啓

  10. 10

    橋下氏「徴用工で負けるリスク」

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。