記事

坂本龍馬が暗殺されずに生きていたら

 今日の日本は大きな転換期を迎えている。トランプ大統領が仕掛ける貿易戦争にどのように対応するのか、また国内の時代遅れになった諸制度をどう変えていくのか。

 このような課題に直面したとき、私たちは、過去の先人たちの知恵に学ぼうとする。幕末明治維新は、大きく日本が動いた時期であり、そこに活躍した人物に脚光が集まるのも当然である。 

 NHKの大河ドラマ「西郷どん」で幕末がブームになっている。西郷隆盛とともに、坂本龍馬は32歳の若さで暗殺されたこともあって、日本人のヒーローであり続けている。

 歴史は面白い。資料を漁って新しい事実や、新しい解釈を引き出す面白さは何とも言えない。私の書庫にも龍馬関係の本が約30冊あるが、著者によって歴史解釈が異なる。

 たとえば、松浦玲『坂本龍馬』(2008年、岩波新書)を取り上げてみよう。この著者は、『勝海舟』、『横井小楠』、『新撰組』などの書を世に送っているが、この本でも丹念に資料を読み解き、当時の龍馬の足取りを追っている。手紙や当事者の証言などをもとにして、これまでの研究や出版物の明らかな誤りも正していく。

 しかしながら、細かい時代考証は、読みやすい龍馬伝を求めて本書をひもとく読者には、少し煩瑣に過ぎるかもしれない。そのような読者にも、わずか一日の違いの持つ意味、そして指導者の決断の重要さを資料が雄弁に語る醍醐味を味わってもらいたいと思う。そして、今なお坂本龍馬研究には未開拓の分野が多く残っていることを指摘しておきたい。

 暗殺される1年前、1866年12月に、龍馬は、当時の天下の人物として、「徳川家は大久保一翁、勝安房守、越前は三岡八郎、長谷部勘右衛門(甚平)、肥後に横井平四郎(小楠)、薩摩は小松帶刀、西郷吉之助(隆盛)、長州は桂小五郎、高杉晋作」をあげている。龍馬が全国を行脚して新しい国家作りに奔走した様がよくわかる。

 その新国家像は、「龍馬の八策」、「舟中八策」と呼ばれるものであるが、松浦は、これは暗殺される直前の1867年11月に龍馬が書いたもので「八義」と呼んだほうがよいと主張する。

 大政奉還後も、もし龍馬が存命ならば、王政復古のクーデターはなかったし、徳川慶喜の処遇も異なるものになっていたかもしれない。西郷すら龍馬は説得できる大人物であったということである。

あわせて読みたい

「坂本龍馬」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    南青山住民にひろゆき氏らが苦言

    キャリコネニュース

  2. 2

    トランプ氏の中国つぶしは本気

    MONEY VOICE

  3. 3

    4Kと8Kテレビの購入はまだ早い

    krmmk3

  4. 4

    PayPayは成功? 商店街でみた現実

    MONEY VOICE

  5. 5

    自民議員 辺野古工事妨害に怒り

    和田政宗

  6. 6

    電子マネー乱立で不便になる日本

    かさこ

  7. 7

    池上氏 政府は4島返還を断念した

    文春オンライン

  8. 8

    APAMAN爆発原因のスプレーに疑惑

    キャリコネニュース

  9. 9

    海外投資家の日本国債保有が急増

    久保田博幸

  10. 10

    アパマン株価急落 爆発が影響か

    MAG2 NEWS

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。