記事

他人にアレルギー症状を起こさせる疾患「PATM(パトム)」は実在するか?

1/2

PATM(パトム)についての医学論文はほとんど存在しない

「PATM(パトム, People Allergic To Me)」と呼ばれる病気がある。本人には必ずしも症状はないが周囲の人に咳、くしゃみ、鼻水といったアレルギー症状を起こさせるとされる。典型的には、自分が電車に乗ったり教室に入ったとたんに周囲の人が咳き込んだり、マスクをつけたり、鼻をすすったりする。

私がPATMを知ったきっかけは、PATMを取り上げたテレビ番組について意見を求められたことだった。Google検索ではPATMの診療を行っている日本の医療機関が見つかった。もちろん保険診療ではなく自費診療だ。PATM以外に「遅延型フードアレルギー」「副腎疲労」「リーキーガット症候群」といった医学的に確立されていない疾患概念に対し、やはり医学的に有用性が明確でない検査を行い、サプリメント等の有用性が証明されていない治療を行っている。

病気について調べるには、Google検索のみならず、Pubmedといった医学論文検索サイトを利用する。しかし、少なくとも現時点で、PubmedでPATMに関する論文を見つけることはできなかった。つまり、PATMについて正式な診断基準がないのはもちろん、治療法や病態もわからなければ、症例報告すら存在しない。わずかに和文誌で皮膚ガス測定と関連した報告があるのみである。

PATMと自己臭症(自臭症)の類似

もちろん、論文がないからといってPATMという病気がないことにはならない。また、PATMとされている患者さんの苦痛は気のせいなどではなく実在しているものである。しかしながら、病気の真の原因について正しく認識できなければ、かえって患者さんの不利益になる。私はそれを危惧する。

テレビ番組で紹介された事例では、周囲の人はアレルギー症状のみならず異臭を訴えたとされた。あるいは、汗臭さを指摘されたことがPATM発症のきっかけだとしている体験談もあった。自己臭症(自臭症)との類似は明らかだ。自己臭症とは、実際には体臭はほとんどないにも関わらず、他人が体臭を嫌がっているのではないかと不安に陥る疾患である。具体的な実例が『Dr 林のこころと脳の相談室』で提示されているでリンクする。

■【2876】私は口臭で人に迷惑をかけています。ちゃんと証拠があります。 | Dr林のこころと脳の相談室

■【3393】過敏性腸症候群ガス型でしょうか | Dr林のこころと脳の相談室


PATMは必ずしも臭いを伴うものではないが、患者さんは「他人が咳やくしゃみをしている」ことをたいへんに気にし、また、自分の訴えが気のせいではない根拠とする。自己臭症の患者さんも同様に他人に「鼻すりすりされたり、咳されたり、口をおおわれたり」し、『「気のせいではない、証拠がある」と主張して譲らない』。電車や教室内では、PATMの患者さんがいようといまいと、咳をしたり、くしゃみをしたりする人はいる。自己臭症の患者さんがいようといまいと、鼻を触ったり、口を覆ったりする人がいるのと同様だ。

PATMの奇妙な点

PATMについての体験談を読むと、家庭内や医療機関ではほとんど他人にアレルギー症状を起こさない。つまり家族や医師に相談しても「別に咳をしたくなったりくしゃみしたりしない」と言われて、苦しみを理解してもらえないわけで、これはたいそう辛い。ただ、PATMが本当にアレルギーを周囲に起こさせるとしたら、なぜ家族や医師に起こりにくいのだろうか。

アレルギーは個人差があるので、家族や医師がたまたまアレルギー感受性がないということはあるだろう。しかし、多くの医師が皆が皆、アレルギー症状を起こさないということがありうるだろうか。あるいは医療機関にいるのは医師だけではなく、看護師や受付の事務員をはじめとして多くの職員が働いている。そろいもそろってアレルギー感受性がないということがありうるだろうか。PATMが実在しているなら、医師の誰かがとっくに気づいて、論文として発表されているはずだと私には思われる。

一方、PATM患者さんの主観では、アレルギー症状を起こす人の割合は結構高い。体験談の一つによれば、教室の70%がマスクをし、マスクをしていない人も咳をしたり、鼻水をすすっていたりしたとのことである。たしかにこれは辛い。ただ、これほど周囲の多くの人にアレルギー症状を引き起こすのに、医療機関では何も起こさないなんてことがどれほどありうるか。「緊張していない状態ではアレルギーの原因物質を発しない」という説もあるが、自宅で身内がアレルギー症状を起こさないことは説明できても、医療機関でのことは説明困難だと思われる。

さらに驚くような体験談も見られる。外を歩いていると家の中の人が反応する、逆に、家の中にいても外を歩いている人が反応する。アレルギーの原因物質は窓を閉めていてもガラスや壁を貫通するのだ。車を運転していると、歩行者や対向車の運転手が反応し、後続車が車間距離を開ける。外出先でトイレに入っていたらテロの毒ガス兵器と思われて通報される。などなど。

「それは極端な事例であって、自分は本当のPATMなのだ」と考える患者さんもいるだろう。もしかしたらそうかもしれないが、現時点で、「本当のPATM」を区別する手段はない。患者さんには責任はないが、金を取ってPATMの診療をしている医師は、診断や治療にあたって根拠を提示すべきではないか。

あわせて読みたい

「医療」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    あおり殴打 投稿なければ野放し?

    かさこ

  2. 2

    性の悩みを真剣に語る場ない男性

    駒崎弘樹

  3. 3

    あおり殴打 女はクレーマー体質

    文春オンライン

  4. 4

    よしのり氏 Nスペで衝撃的な内容

    小林よしのり

  5. 5

    還暦AV女優が明かすやりがいとは

    PRESIDENT Online

  6. 6

    韓国は歴史観とズレる事実を排除

    舛添要一

  7. 7

    「ネトウヨ」批判に逃げる知識人

    篠田 英朗

  8. 8

    韓国で人気「反日は迷信」謳う本

    NEWSポストセブン

  9. 9

    韓国は自滅の道を歩む 北が予言

    高英起

  10. 10

    煽り殴打容疑者「車と女」に執着

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。