記事

【アマゾン】、4ツ星以上の高評価商品を揃えたキャッシュレスなアマゾン4スター開店!

■ネット通販最大手のアマゾンが新たなコンセプトでリアル店舗をオープンした。ニューヨーク市内ソーホー地区に27日オープンした「アマゾン4スター(Amazon 4-Star)」(72 Spring Street New York, NY 10012)は、同社のウェブサイトの5つ星評価で星4つ以上の評価を受けた商品を中心にそろえたお店。


新店は各種のデバイスやガジェット、家電製品、キッチン用品、ホーム用品、おもちゃ、書籍、ゲームなどがあり、扱い商品の星評価の平均が4.4となっている。

商品価格はデジタル表示となる電子棚札が使用されており、商品名に星評価数、レビュー数が記載され、価格はプライム非会員のリスト価格とプライム会員用のディスカウント価格を表示している。

アマゾンのリアル書店「アマゾン・ブックス(Amazon Books)」にもあるように、商品棚にはカスタマーレビューも記される。高評価の商品以外でもベストセラーや人気急上昇中の新商品などを扱い「最もほしい物リストに入れられた商品(Most-Wished-For)」、ニューヨーク市内からの注文が頻繁な「ニューヨークシティ・トレンド商品(Trending Around NYC)」「よく一緒に購入される商品(Frequently Bought Together)」などネット通販ならではのカテゴリー分けもされている。

アマゾン4スターはアマゾンゴーのようなキャッシャーフリーストアではない。一方、アマゾン・ブックスと同様に現金での支払いが不可となる、キャッシュレスとなっている。

営業時間は月〜土が午前10時〜午後9時となっており、日曜日は午前11時〜午後8時まで。

 アマゾンのリアル店舗展開は、モールなどで通路や広間にカウンターやショーケースなどで仕切って10坪程度で出店する、ブース型のキオスク「アマゾン・ポップアップ(Amazon Pop-Up」を74ヶ所(そのうちコールズには10ヶ所)あり、キンドルやエコーシリーズなどアマゾンが開発した製品を展示販売している。

アマゾン・ブックスは17店展開し、アマゾンゴーは4店、ダークストアとなるアマゾンフレッシュ・ピックアップはシアトルに2ヶ所で展開している。アマゾンが買収したホールフーズは470店で展開中だ。

トップ画像:ニューヨーク・ソーホー地区にオープンした「アマゾン4スター(Amazon 4-Star)」。同社のウェブサイトの5つ星評価で星4つ以上の評価を受けた商品を中心にそろえたお店だ。



新店は各種のデバイスやガジェット、家電製品、キッチン用品、ホーム用品、おもちゃ、書籍、ゲームなどがあり、扱い商品の星評価の平均が4.4となっている。高評価の商品以外でもベストセラーや人気急上昇中の新商品などを扱い「最もほしい物リストに入れられた商品(Most-Wished-For)」、ニューヨーク市内からの注文が頻繁な「ニューヨークシティ・トレンド商品(Trending Around NYC)」「よく一緒に購入される商品(Frequently Bought Together)」などネット通販ならではのカテゴリー分けもされている。


アマゾンのリアル書店「アマゾン・ブックス(Amazon Books)」にもあるように、商品棚にはカスタマーレビューも記される。


商品価格はデジタル表示となる電子棚札が使用されており、商品名に星評価数、レビュー数が記載され、価格はプライム非会員のリスト価格とプライム会員用のディスカウント価格を表示している。


アマゾン4スターはアマゾンゴーのようなキャッシャーフリーストアではない。一方、アマゾン・ブックスと同様に現金での支払いが不可となる、キャッシュレスとなっている。

⇒こんにちは!アメリカン流通コンサルタントの後藤文俊です。後藤はクライアントとの会食でレストランを手配することがよくあります。レストランを決めるとき、レビューサイトのイェルプやグーグルの格付けを参考にしています。舌の肥えた大手企業のトップやエグゼクティブを満足させるには高評価のレストランを選んでいます。経験則から、4.6以上の評価であれば、まず間違いはありません。その際に注目するのがレビュー数。同じ格付けならレビュー数が多いほうを選択しています。

レビューが多いと、それに比例して必ずといっていいほど店内画像が多くなり(コンサルティングも兼ねた夕食会なので)参考にしています。高評価のレストランは料理の画像も多くなるので、人気メニューもメモっておきます。お店では事前にウェイターにチップを弾むことを耳打ちするので接客もよくなります(笑)。ちなみに、先にウェイターの名前を確認して、名前でちゃんと呼ぶことも(相手をレスペクトすることになる)、良いサービスを受けるテクニックですね。

⇒これで、レストランで失敗することはありません。ポイントはレビュー数と画像数です。レビュー数や画像数が多いとまず間違いなく、やらせレビューにだまされたり、格付け詐欺にあうことはありません。アマゾンの商品選択でも同じことが言えます。コンピューターのハードウェアを買い替えることがありますが、これも星数以上にレビュー数を確認しています。アマゾンの場合、星評価も高くレビュー数が多いと「アマゾン・チョイス(Amazon Choice)」になります。

アマゾン・チョイスで購入すると間違いはありません。ポップアップやアマゾン・ブックス、アマゾンゴーなどリアル店舗展開を進めているアマゾンは、そういった顧客の偏った傾向からアマゾン4スター(Amazon 4-Star)をオープンしたのです。というのも、アマゾン・チョイスでも、デモンストレーションが必要となる顧客も多いと感じたのでしょう。エコーなど顧客が実際に触って動かすことでベストバイ等で売上が伸びている事例があったのですね。

 アマゾン・ブックスの延長線にあるお店ですが、プライムナウによる時短宅配なんかも始めそうです。

あわせて読みたい

「Amazon」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    おしゃれの時代はユニクロで終焉

    fujipon

  2. 2

    前規制委 処理水は放出以外ない

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

  3. 3

    日本なんて要らない? 韓国の本音

    PRESIDENT Online

  4. 4

    ベーシックインカムで年金不要?

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    嫌韓と日韓関係を混同する新聞社

    PRESIDENT Online

  6. 6

    日本の優遇除外は逆ギレ報復措置

    城内実

  7. 7

    議員団が対馬の韓国資本を危惧

    長尾敬

  8. 8

    東電旧経営陣への無罪判決に不満

    川田龍平

  9. 9

    香川県に縁ない丸亀製麺が論争に

    BLOGOS しらべる部

  10. 10

    中国共産党で内紛? 失脚なら投獄

    一般社団法人日本戦略研究フォーラム

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。