記事

新潮45、休刊の虚しさ

新潮45の休刊が決まったが、あの差別擁護号の内容は本当に反知性だった。
特集の「野党百害」というのが、そもそも愚劣!
今の野党をただバッシングして何が生まれるのか?
今の野党を浮上させる方法論を論じるのなら意味がある。
この特集は単なる弱い者いじめである。
特に酷いのが古谷経衡で、単に政治家に馬鹿にされた恨み節でしかない。
この特集は政権擁護のためだけに作られた企画だ。

そのあとに杉田水脈を擁護するイカレた駄文集が来る。
これは、(当事者の意見)以外は、眩暈がするくらいの駄文集で、国語への侮辱である。
こんなものを載せた編集者は良心の欠片もない。

しかし、佐伯啓思や、適菜収や、とり・みきが、執筆の場を失ったのは残念だ。
福田和也という本物の「文芸評論家」が地道な執筆を継続できる場でもあったのに。

雑誌が休刊するということは、当然、その分、この国の言論・表現の領域が狭まってしまうことになる。
これほどの罪の元凶は杉田水脈であり、それを載せた新潮45の編集長の責任はあまりにも大きい。

雑誌が売れない時代に、わしもいかに雑誌に貢献できるかを考えなければならない。
新潮45の休刊は他人ごととは捉えられない。
残念無念の結末だった。

あわせて読みたい

「新潮45」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。