記事

新型iPhone、ディスプレー関連部品減らしコスト削減=調査


[25日 ロイター] - 米アップル<AAPL.O>の新型「iPhone(アイフォーン)」の分解調査を行ったテックインサイツによると、アップルはディスプレーに関連した部品を減らすことでコストを抑えていたことが分かった。

米アップルは12日、新型アイフォーン3種類を発表。昨年の「アイフォーンX」の最新版となる「XS」は最低価格が999ドル。廉価モデルの「XR」は749ドルから。最も大きい6.5インチ(16.5センチ)ディスプレーを採用した「XSマックス」の最低価格は1099ドル。

テックインサイツによると、容量が256ギガバイトの「XSマックス」の部品および組み立てコストは約443ドル。一方、昨年の「アイフォーンX」(64ギガバイト)の同コストは395.44ドルだった。

「XSマックス」で使われている部品で最もコストが高いのはディスプレーで80.50ドル。サイズが5.8インチだった昨年の「アイフォーンX」のディスプレーのコストは77.27ドルだった。

ディスプレーのサイズを大きくしたものの、コストの伸びを比較的小さく抑えることができたのは、3Dタッチシステムに関連した部品の一部を今回採用しなかったためとみられる。

アップルはこの調査に関してコメントを控えている。

あわせて読みたい

「iPhone」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    南青山住民にひろゆき氏らが苦言

    キャリコネニュース

  2. 2

    トランプ氏の中国つぶしは本気

    MONEY VOICE

  3. 3

    4Kと8Kテレビの購入はまだ早い

    krmmk3

  4. 4

    PayPayは成功? 商店街でみた現実

    MONEY VOICE

  5. 5

    自民議員 辺野古工事妨害に怒り

    和田政宗

  6. 6

    電子マネー乱立で不便になる日本

    かさこ

  7. 7

    池上氏 政府は4島返還を断念した

    文春オンライン

  8. 8

    APAMAN爆発原因のスプレーに疑惑

    キャリコネニュース

  9. 9

    海外投資家の日本国債保有が急増

    久保田博幸

  10. 10

    アパマン株価急落 爆発が影響か

    MAG2 NEWS

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。