記事

日本人AV女優が中国の大学の講義に参加?

『武漢晩報』が「华中师大教师欲请日本知名AV女优红音萤入课堂(華中師範大学の教師は日本の有名なAV女優の紅音ほたるに講義に参加してもらいたいと考えている」という記事がおもしろかったので、これについて少し。

1記事の内容

いつものとおり先に記事の紹介をさせていただきます。

華中師範大学の性科学の専門家である彭暁輝が日本の女優である紅音ほたるに大学に来て、講義に参加してもらいたいと思っているという情報がマイクロブログ上で飛び交っている。

彭暁輝が記者に語ったところによると、そうしようと思っており、学校にも申請の準備をしているが、結果はどうなるかわからないということだった。

記者がネット上で調べたところによると、紅音ほたるは29歳で、かつてAV女優をしていたことがある。しかし、2008年に引退した。ではどうしてAV女優を学校に招こうというのか?

彭暁輝が笑っていうには、これは計画にすぎず、学院に申請しようとしている段階だ。彭暁輝によると、彼女はかつてAV女優だったが、今はHIV予防活動などをしており、教室で学生との交流は可能だと考えているとのこと。

半年前、彭暁輝はマイクロブログ上で、彼女と偶然出会った。彭暁輝は性についての研究をしており、紅音ほたるはHIV予防活動をしており、一緒に何かしようということになった。

今年3月、紅音ほたるは彭暁輝の私的な友人として、性研究に20年従事している彼を訪問する。学術研究として、彼の「性科学概論」に参加し、学生と交流することを計画している。

このことが、知れ渡ると学生からは強い反響があり、ある者は109年の学校の歴史上で最も多くの者が参加する講義となると予言している。しかし、彼女が講義に参加できるかどうかは、余談を許さない状態で、「主に世論の圧力を恐れている」と語った。

昨日、大学の責任者は彼女が講義に参加できるかどうか、大学は未だ検討中で、最終決定には至っていないと答えた。

2日本製AVの人気

中国における日本のAVの人気はかなりなものがあります(表向き中国はポルノ禁止なので、大半は海賊版もしくは不法ダウンロードですが)。特に、蒼井そらなどがマイクロブログでいろいろ発信をして、日本より中国の方がすごい人気です(AV女優と国民的歌手と多元化社会)。

この記事を見て初めて知ったのですが、紅音ほたるも中国でマイクロブログをしており、かなり人気を集めているようです。

実は当初この標題「入课堂」(講義に入る)を見たとき、大学が人気集めのために講師のような形で彼女を呼ぶのかとも思ったのですが、三流大学ならいざしらず、華中師範大学の様な有名どころが何故そんなことをするのかと不思議に思いながら読み進めておりました。

そうしたら、彭教師はかなりまじめな思いで、彼女を呼んだにもかかわらずここまで大事になってしまったという話でした。思うに話がここまでになってしまうと、彼女が講義に参加できる見込みはかなり少ないと考えます。

性研究者として20年のキャリアのある彼も、紅音ほたる嬢の中国における人気までは読み切れなかったといったところでしょうか。

あわせて読みたい

「AV女優」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ブラタモリに失望 忘れられた志

    メディアゴン

  2. 2

    新しい生活様式嫌がる日本医師会

    御田寺圭

  3. 3

    飲み会の2次会 死語になる可能性

    内藤忍

  4. 4

    官邸前ハンスト 警官と押し問答

    田中龍作

  5. 5

    菅首相が最優先した反対派の黙殺

    内田樹

  6. 6

    宮崎美子の才色兼備ビキニに脱帽

    片岡 英彦

  7. 7

    マイナンバーカードが2ヶ月待ち?

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    立民議員の官僚叩きに批判が殺到

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    任命拒否 学者6名に無礼な菅首相

    メディアゴン

  10. 10

    「マスクは有効」東大実証を称賛

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。