記事

怒鳴る医師、しゃしゃり出る娘ーー。「穏やかな死」を阻む「現実の壁」 - 森 省歩

1/2

記録的な酷暑が続いていた8月下旬、岐阜市にあるY&M藤掛第一病院で、80歳代の高齢患者5人が相次いで死亡するという痛ましい事件が発生した。世間ではエアコン(冷房)の故障を放置していた病院側の対応に批判が集まっているが、この事件からは超高齢社会の底部に横たわる“やるせない現実”も浮かび上がってくる。

【記事】「愛してる」と言って亡くなった小林麻央さんの最期を作り話だという医師たち

Y&M藤掛第一病院は医療療養病床と介護療養病床を持つ、慢性期対応のいわゆる「長期療養型病院」である。主な受け入れ患者は、

1、急性期病院から転院を迫られている高齢者
2、介護施設の空きを待っている高齢者
3、自宅での介護が困難な高齢者

とされているが、これらの患者像からは同病院が老病に倒れた高齢者やその家族らにとっての駆け込み寺的な存在であることが窺い知れる。

Y&M藤掛第一病院 ©共同通信社

死に場所探しは難しい

実は、この手の長期療養型病院は全国各地に点在しており、中には系列の介護施設も含めて、

1、生活保護を受けている者
2、低所得にもかかわらず生活保護を受けていない者
3、経済的な理由で公的医療保険に加入していない者
4、多重債務による生活困窮者
5、ホームレス
6、配偶者からの暴力被害などを受けている者
7、人身取引被害者

などを受け入れている病院まである。

この場合、生活保護の申請などのほか、病院側や施設側が無料低額診療事業や無料低額介護老人保健施設利用事業などの制度を使って、入院や入所に必要な費用の全額免除や一部免除の手続きを事実上代行しているケースも少なくない。

当然、このような現実の反対側には、「老病で倒れたら死に場所を見つけることさえ難しくなる」という、もう一つの現実が横たわっている。だからこそ、この手の病院に対する需要は高く、かつ、病床は不足しているのである。

あわせて読みたい

「終末医療」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    南青山住民にひろゆき氏らが苦言

    キャリコネニュース

  2. 2

    トランプ氏の中国つぶしは本気

    MONEY VOICE

  3. 3

    4Kと8Kテレビの購入はまだ早い

    krmmk3

  4. 4

    PayPayは成功? 商店街でみた現実

    MONEY VOICE

  5. 5

    電子マネー乱立で不便になる日本

    かさこ

  6. 6

    自民議員 辺野古工事妨害に怒り

    和田政宗

  7. 7

    池上氏 政府は4島返還を断念した

    文春オンライン

  8. 8

    APAMAN爆発原因のスプレーに疑惑

    キャリコネニュース

  9. 9

    海外投資家の日本国債保有が急増

    久保田博幸

  10. 10

    橋下氏 消費増税で大学無償化を

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。