記事

大地震で病院停電 メス停止や手術室ドア閉鎖等の深刻事態も

【病院がダメになったとすると…】

 史上初となる全域停電、「ブラックアウト」を引き起こした、9月6日の北海道大地震。信号機が止まり、交通は大混乱。携帯電話の充電が切れ、情報収集手段が失われた人も続出した。

 なかでも深刻な状態を迎えたのが、「病院」だった。地震発生直後から道内376病院が停電し、うち82病院で断水した。

 幸い、非常用発電機は無事に作動し、患者の命に関わる事態は避けられたが、特に手術中の停電は、患者にとっても医師にとっても最大の非常事態だ。胃腸外科医で東北大学災害科学国際研究所の佐々木宏之助教が語る。

「通常は停電後、すぐに非常用発電機による電力供給に切り替わります。もしそれさえ喪失しても、麻酔器や人工呼吸器、モニターなどは個別にバッテリーが付属されているので、止まることはない。

 しかし、手術に使用する電気メスは非常用電源を使っていることが多いので、小さな止血などは手で押さえるなどの代替手段を取ることになる。

 例えば腹腔鏡手術の際にブラックアウトが起きたとすると、先端部のメスが稼働しなくなるので、患者の体内から引き抜いて、手術を中断することになるでしょう。私自身、全身麻酔下の手術中の停電は緊張が走ります」

 手術室では影ができにくい無影灯で患部を照らすが、非常用発電機が落ちれば手術室内照明とともに無影灯も消える。

「東日本大震災では、石巻市の病院で懐中電灯で照らしながら手術を行なったことが記録されています。そのため、震災後は手術室に懐中電灯を常備するケースが増えている。懐中電灯がなければペンライトやスマホで照らして、とにかく終了できるところまで処置することになる」(佐々木氏)

 患部が見えにくいなか、どこまで手術を継続すべきか、医師は難しい判断を迫られることになる。過去には停電時に非常用電源も止まり、手術室のドアが開かなくなったケースもあるという。

「手術室に出入りするまでには複数の自動ドアがあり、開閉できず患者が手術室に入れない、術後の患者をICUや病棟に戻せないということが起こる可能性がある。多くの病院の災害マニュアルでは『災害発生時には手術室までの自動ドアをあらかじめ開いておき、出入口を確保すること』などとしています」(佐々木氏)

◆院内で火災発生の危険も

 地震による二次災害の筆頭は火災。非常用発電機が作動しなければ、火災発生時にもスプリンクラーや屋内消火栓が使えない。米山医院院長の米山公啓医師が解説する。

「大病院には一定の割合で、自力で逃げ出すことができない患者さんがいる。医師や看護師はそうした患者さんの避難を優先させますが、エレベーターも停止するので、避難は困難を極めるでしょう」

 院内ブラックアウトが患者にもたらす影響は計り知れない。

「命に関わることだけに、病院側はどんなに入念に準備しても、やりすぎということはない。ブラックアウトのリスクを完全に0にすることはできないが、例えば通信機器のダウンに備えて衛星電話を用意するなど、病院はごく小さな危険の芽も摘む姿勢で患者に向き合う必要がある」(米山氏)

 被災した時に最も頼りにされる場所であるからこそ、そこには万全の準備が求められている。

※週刊ポスト2018年10月5日号

あわせて読みたい

「地震」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小池知事をバッシングする愚かさ

    青山まさゆき

  2. 2

    政府の布マスク配付は「良策」

    青山まさゆき

  3. 3

    日本で感染者爆発は起こるのか

    木走正水(きばしりまさみず)

  4. 4

    布マスク配布より緊急事態宣言を

    やまもといちろう

  5. 5

    各国比較 100万人当たり死者推移

    LM-7

  6. 6

    藤浪と会食の若手アナが出勤停止

    文春オンライン

  7. 7

    コロナ疎開 佐久市長の発信支持

    小宮山洋子

  8. 8

    テレ朝番組のコロナ報道にあ然

    小林よしのり

  9. 9

    首相 全世帯に布マスク2枚配布

    ロイター

  10. 10

    通勤で不可避 電車での濃厚接触

    諌山裕

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。