記事

ドラマ「ケンカツ」、低視聴率でも支援者から好評のわけ

1/2
関西テレビ「健康で文化的な最低限度の生活」のHP

民放のゴールデンタイムの連続ドラマとしてはかつてない試みだった。

「ケンカツ」と略されたドラマ「健康で文化的な最低限度の生活」

火曜日の21時からフジテレビ系で放送していたドラマ「健康で文化的な最低限度の生活」では、主人公は生活保護のケースワーカーたち。生活保護を受給している人たちを支援する自治体職員のことで、貧困の現場に向き合うのが役割だ。

人を支援する仕事でもある一方、規則や煩雑な事務手続きなどに縛られる職業でもあり、ちょっとした対応がきっかけとなって生活困窮者を自殺に追い込んだり、餓死などに追いやってしまうこともある責任の重い仕事でもある。

その最終話が先週終わった。

残念ながら視聴率的にはふるわなかった。関東では5%台を行き来していた。

最終回の視聴率は5.8%。だが、制作した関西テレビで放送された関西地区では10.2%の視聴率をマークしている。これは大阪府、大阪市の人口1000人あたりの生活保護受給者(保護率)が全国の中でかなり高いほうだという事実と関係あるのかもしれない。

出典:excite ニュース

とはいえ、2012年にお笑い芸人の河本準一さんの母親が生活保護を受給していたことで河本さんが謝罪の記者会見を開いた後の情報番組に数多かったように、生活保護については報道する側も制度をよく理解しないままに報道することが多く、それを連続ドラマで扱うというのは非常に難しいテーマにチャレンジした試みだった。

デリケートな分野をドラマで不用意に扱い、関係団体の批判を集めた例としては、2014年の日本テレビの「明日、ママがいない」のケースがある。

児童養護施設や里親制度などをテーマにしながら、ドラマそのものが虐待された子どもたちのトラウマを再発しかねないようなものなっていた。全国児童養護施設協議会や全国里親会などが日本テレビに抗議し、番組の提供スポンサーは表示されなくなり、スポットCMでも企業のコマーシャルが流れないという事態にまで至った。

日テレのドラマ「明日、ママがいない」への声 第2弾 番組見て恐怖の記憶が甦り、リストカットした若者も

出典:ヤフーニュース個人

ドラマというフィクションであっても、デリケートなテーマを扱う時には見ている側への影響を考えながら番組制作を行うべきことは言うまでもない。

「明日ママ」の時には筆者もかつて児童虐待などの現場を取材した報道経験を元に「取材不足」を指摘して発言した。

2014年のテレビを振り返る(4)── 取材不足が露見した「明日ママ」問題 水島宏明 出典:THE PAGE (2014.12.30)

「明日ママ」のケースは悪い見本ではあったが、それに比べると今回の「ケンカツ」は貧困問題に取り組んでいる支援団体などからの評価は高い。

市民団体・反貧困ネットワークが選考している貧困ジャーナリズム大賞でも、大賞に次ぐ、特別賞に選ばれている。

貧困ジャーナズム特別賞

・関西テレビ 米田孝、女優 吉岡里帆 ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』

多くの人々が視聴する時間帯の連続ドラマで、「生活保護のケースワーカー」が仕事の自治体職員が直面する貧困問題をリアルに描いた番組だ。主演の吉岡里帆も悩みながらも当事者に寄り添うワーカー役を好演している。

生活保護を受けている母子家庭の高校生がバイト代を申告しなかった不正受給の問題などを、けっして上から目線でなく、当事者の思いや事情もあることに理解を示しながら共感をもって描いている。

受給者に多い自死の問題、識字障害やアルコール依存症など、社会的に理解が広がっているとは言いがたい貧困にまつわる障害や病気などの問題についてもよく整理して伝えている。

生活保護からの脱却=役所でいうところの「自立」を言葉で促すことは簡単だが、実際には個々のケースに一筋縄ではいかない難しさが伴うことを、ドラマだからこそ描写可能な表現で丁寧に描いている。

原作の素晴らしさに加えて、脚本や制作スタッフ、俳優陣が現場の問題を十分に勉強していればこその秀逸な作品だといえる。

出典:反貧困ネットワークHP 「貧困ジャーナリズム大賞2018」

このドラマの特徴は、原作がしっかりしていることだ。

漫画「健康で文化的な最低限度の生活」(柏木ハルコ・ビッグコミックス)のHP写真

原作になった漫画「健康で文化的な最低限度の生活」は、作者の柏木ハルコ氏が様々な現場を細かく取材した上で丁寧に描いていた。生活保護の受給にいたる事情も様々あって、背景にはその人の生育環境や病気や障害などの問題もあることが描かれていた。

ドラマの監修もきちんとしていた。

毎回、番組最後のエンドクレジットに「ケースワーカー監修 衛藤晃(公的扶助研究会)」と表記されていた。

この団体は、筆者が知る限りで生活保護ケースワーカーたちが集まった唯一の専門的な団体だといってよい。

公的扶助研究会は生活保護ケースワーカーなどの自主的な研究会で長い歴史がある。この団体のHPを見ると、関西テレビのドラマに全面協力して毎回の放送に注目していることがわかる。現場をよく知っている現役の専門家が監修したので、「明日ママ」で起きたような「ありえない場面」で関係者を傷つけるというようなことがないよう、入念に配慮していた。

あわせて読みたい

「テレビドラマ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    選挙で敗け続けるリベラルの弱点

    BLOGOS編集部

  2. 2

    米女優 脅迫にヌード公開で反撃

    女性自身

  3. 3

    老後2000万円問題は存在しない

    吊られた男

  4. 4

    タピオカブームはヤクザの資金源

    NEWSポストセブン

  5. 5

    HUAWEI 米制裁で予想以上の打撃

    ロイター

  6. 6

    噛む力失う? 歯列矯正に潜む危険

    幻冬舎plus

  7. 7

    百恵さん 素顔撮影で復帰に期待

    NEWSポストセブン

  8. 8

    安倍政権に逆風 同日選が再浮上

    PRESIDENT Online

  9. 9

    イランによる船襲撃としたい米国

    猪野 亨

  10. 10

    宮迫の闇営業弁明に関係者「嘘」

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。