記事

9月の独IFO業況指数は小幅低下、予想は上回る

[ベルリン 24日 ロイター] - ドイツのIFO経済研究所が24日発表した9月の業況指数は103.7で、8月の103.9(改定値)から低下した。ロイターがまとめたコンセンサス予想の103.2は上回った。

IFOのクレメンス・フュースト所長は「不透明感は強まっているものの、ドイツ経済は依然として強固」とコメントした。

現況指数はやや低下したものの、サブ指数は全般に高水準を維持していた。期待指数も小幅低下した。

製造業が指数押し上げの主因で、小売りとサービスのセンチメントは改善した。

建設部門の業況感は過去最高を更新。受注が好調だった。

アルトマイヤー経済相は、今年の成長率は2%程度になるとの見通しを示している。これは政府見通しの2.3%、去年の2.5%を下回る水準。

ドイツ経済の見通しは、米中の貿易摩擦の悪化や不透明な英国の欧州連合(EU)離脱交渉の行方の影響を受けている。

トピックス

ランキング

  1. 1

    中国に反論せず 茂木外相の失態

    WEDGE Infinity

  2. 2

    朝日新聞170億円赤字 社長退任へ

    BLOGOS編集部

  3. 3

    いる? 宮崎謙介氏の報道に疑問も

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    竹中平蔵氏は教え子が引退勧めよ

    田中俊英

  5. 5

    大塚久美子氏が辞任 戦略に矛盾

    東京商工リサーチ(TSR)

  6. 6

    よしのり氏が秋篠宮さまを擁護

    小林よしのり

  7. 7

    コロナ自殺を増さぬよう経済回せ

    永江一石

  8. 8

    揺れる電通 社訓・鬼十則刷新か

    文春オンライン

  9. 9

    追えないだけ?電車内の集団感染

    諌山裕

  10. 10

    竹中氏もMMT認めざるを得ないか

    自由人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。