記事

1998年の亡霊 マリファナ株は文字どおり麻薬! 近寄らないで!

僕はことある毎に「今年の相場は1998年の相場を彷彿とさせる」ということを話してきました。

当時、アメリカはドットコム・ブームの真只中。アメリカ経済も好調でした。ドルは堅調で世界の投資資金は「アメリカへ、アメリカへ」と流れていました。

これは今日の状況に似ています。いまアメリカ経済は好調ですし世界の投資資金がアメリカへ集まってきています。

しかし1998年は恐ろしいdisruptionの年でもあったのです。夏にロシアがデフォルトし、いわゆるルーブル危機が起きました。

それとの対比で言えばこんにちそれに相当する新興国の危機はさしずめアルゼンチンとトルコでしょう。

結局、98年はLTCMというヘッジファンドの破たんを見ました。

ただポイントとしてはそれで米国株の相場が終わったのではなく、小型株への投機熱は一層昂ぶったという点です。

こんにちのアメリカ市場でも当時を彷彿とさせるチャラチャラした銘柄のオンパレードが見られます。その代表例が大麻(マリファナ)関連銘柄のティルレイ(ティッカーシンボル:TLRY)でしょう。

「A」が決算を出しMarket Hackの読者に注意を促した日。「B」が下の寄り前ツイートを発した日です。
[画像をブログで見る]

ティルレイはいまのところ医療用大麻しか販売してないので、売上高は「限りなくゼロに等しい」です。百歩譲って10月17日からカナダで解禁される娯楽用マリファナの市場がアナリストの楽観的な予想通りに実現したとしても、2020年(!)の売上高予想の87倍で取引されています。

普通、インターネット株でもPSR(時価総額対売上高比)で15倍くらいがギリギリの水準でしょう。だから87倍というバリュエーションがいかにクレイジーかわかろうというもの。

いずれにせよテクニカル・チャート的にはダメージが確定しました。いわゆるbroken stockです。近寄らないこと。

あわせて読みたい

「株価」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GSOMIA維持 男を下げた文大統領

    自由人

  2. 2

    OYO急拡大でアパとの競争激化も

    内藤忍

  3. 3

    沢尻逮捕で考える芸能界と麻薬

    文化通信特報版

  4. 4

    GSOMIA維持で米中の対立激化か

    天木直人

  5. 5

    玉木氏 森議員の情報漏えい謝罪

    玉木雄一郎

  6. 6

    安倍首相 GSOMIA破棄凍結で会見

    AbemaTIMES

  7. 7

    ケンタッキー「安い」で劇的回復

    PRESIDENT Online

  8. 8

    不振のいきステに今行くべき理由

    内藤忍

  9. 9

    夜景撮影 一眼レフよりiPhone11?

    かさこ

  10. 10

    Google検索に勝る専門家の価値

    Chikirin

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。