記事

あなたの価値をAIより高めるたったひとつの方法

1/2

9月22日発売の「結局、人生はアウトプットで決まる 自分の価値を最大化する武器としての勉強術」からの引用です。

◉アウトプットの継続が、あなたをブランドにする(18ページ)

「中島さんのように名前が知られるようになると、得することがいっぱいあると思いますが、特に有名になって良かったと思うことはなんですか?」と聞かれることがあります。

これはとても良い質問だと思ったので、前項でも触れた〝パーソナルブランディング〟という観点から考察してみたいと思います。

パーソナルブランディング(もしくは、パーソナルマーケティング)とは、通常のマーケティングのように会社や商品を知ってもらうことではなく、個人の名前を知ってもらうことです。それも単に名前を知ってもらうだけではなく、その人の経験や経歴を反映した上で、多くの人がその人を信頼し、発言に耳を傾けるようになることを意味します。

たとえば、皆さんご存じのルイ・ヴィトンが、「丈夫で長持ち」というブランドイメージと強く結びついているように、テスラ社CEOのイーロン・マスクは、「不可能なことを可能にしてしまう偉大な起業家」というブランドと強く結びついています。

イーロン・マスクが経営するテスラ社ですが、現在の時点で大赤字を垂れ流しているにも関わらず、株高を維持し、資金調達し続けることができているのも、彼のブランド力が重要な役割を果たしているからなのです。もしもイーロン・マスクが無名の人物だったとしたら、まったく同じ行動や発言をしたとしても、今のテスラは存在しないでしょう。

アップルのiPhoneがあれほどの成功を収めたのも、「スティーブ・ジョブズ」というブランドが重要な役割を果たしていたことを見逃してはいけません。ジョブズの熱狂的なファンが数多くいたからこそ、アップルはiPhoneのビジネスを一気に軌道に乗せ、他社が簡単には追いつけないだけのシェアを握ることができたのです。

これは、カリスマ性を持つリーダーのいない、ソニーやサムソンにはできない芸当です。

日本の企業の中にも、パーソナルブランディングを上手に使っている企業があります。それが任天堂で、「スーパーマリオ」や「ゼルダの伝説」などの名作を手がけた宮本茂さんを「スーパークリエーター」としてブランディングし、彼の熱狂的なファンを世界中に何百万人も作ることに成功したのです。

そういう意味では、ソニーも世界を席巻した「ウォークマン」の生みの親は大賀典雄さんだったし、現在も世界中で愛される「プレイステーション」の生みの親は久夛良木健さんです。彼らの名前は世界でも知られているので、その頃までのソニーは、パーソナルブランディングをうまく活用できていたと言えるでしょう。しかし、技術畑の人間ではない出井伸之さんがCEOになってからというもの、製品名に作り手の個人名が紐づくことはなくなってしまいました。

パーソナルブランディングには、もちろん実績が必須ですが、だからといって、どんなに大きな仕事をしたとしても、その人の名前が自動的に有名になるとは限りません。

典型的な例が、トヨタのレクサスです。高級車ブランドとしては素晴らしい地位を占めています。アメリカでもそのブランドは広く認知されていますが、一方で、「レクサスの生みの親」については、まったくと言っていいほど知られていません。

「レクサスはチーム力の賜物だ」と反論する人もいるでしょうが、それはiPhoneも同じです。決してジョブズ一人で作ったわけではないのです。しかし、アップルはジョブズというカリスマ性を持つリーダーを巧みに利用し、あたかもジョブズがiPhoneの生みの親であるかのような演出をすることにより、「アップル」「iPhone」「スティーブ・ジョブズ」という3つのブランド力を同時に高め、iPhoneの大成功に結びつけたのです。

パーソナルブランディングが素晴らしいのは、コーポレート・ブランディング(企業ブランディング)よりも広告の費用対効果が高いことにあります。「アップル」「iPhone」「スティーブ・ジョブズ」という3つのブランド力が最高潮に高まっていたスティーブ・ジョブズの時代のアップルは、マイクロソフトに比べ、はるかに低いマーケティング予算で何倍もの効果をあげていたことが知られています。

せっかく良い仕事をしていても、誰にも知られていない人(いわゆる「地上の星」)はたくさんいます。いくら実績は素晴らしくても、残念ながら彼らのパーソナルブランドが高いとは言えません。

何が違いを分けるのかというと、要は大衆に向けてアウトプットすることなのです。言い方を変えれば、アウトプットしていないとどれだけいいものを作っても、やがては埋もれてしまうのです。私は、たまたま良いタイミングでブログを書いていたために、知名度が上がりました。「はてなブックマークをできるだけ多く集める」という私だけの遊びが、期せずして私のパーソナルブランドを上げるという意味で効果的だったのです。

タイミング良くウィンドウズ95のソフトウェアアーキテクトというポジションにつくことができた上に、アメリカでも起業経験があるため、「世界で活躍するソフトウェア・エンジニア」というイメージが強く結びつくことになりました。

そのおかげで、さまざまなカンファレンスにスピーカーとして招待されるし、実際のビジネスの場でも、私が顔を見せるだけで商談がうまく進むことがよくあります。有料メルマガに数多くの読者を集めることができたのも、私の名前にブランド力があったからと言えるでしょう。マイクロソフトを退社してからしばらくして設立した「UIEvolution」という会社は、一度スクウェア・エニックスに買収され、その後、MBO(Management Buyout)することになったのですが、この際の資金集めにも、私自身のブランド力が多いに役立ちました。

こうやって、私は業界でも名の通る存在となりました。「マイクロソフトでウィンドウズ95を作ったから有名」と思われていますが、実はそうではありません。私はウィンドウズ95を作った実績があるとともに、ブログで発信をしていたからこそ、今の立場を手に入れることができているのです。

一方で、ソニーの大賀さん率いるウォークマンチームのもとで奮闘していたエンジニアは、何人もいるはずです。彼らにも十分な実績がありますが、そのほとんどが世間から認知されていません。もしあの時代にインターネットという手軽なツールが存在していて、私のようにアウトプットしていたら、彼らも一定の知名度を得ていたはずです。講演の依頼が来たり、他社からヘッドハンティングを受けていたかもしれません。

あわせて読みたい

「ブランディング」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    立民党はなぜ全く期待できないか

    宇佐美典也

  2. 2

    投資家がマイホームのリスク指摘

    内藤忍

  3. 3

    社民党を食いつぶした福島瑞穂氏

    文春オンライン

  4. 4

    桜疑惑 安倍氏かばう議員に疑問

    猪野 亨

  5. 5

    トヨタが学校推薦を廃止した衝撃

    城繁幸

  6. 6

    敗北認めぬトランプ氏 破産危機

    女性自身

  7. 7

    非効率すぎる日本の医療救急行政

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    人気のセ・実力のパに「違和感」

    中川 淳一郎

  9. 9

    もともと余裕ない医療 医師嘆き

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    自民重鎮 王毅外相何しに日本へ

    深谷隆司

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。