記事

前原氏産経出禁事件:他メディアの会見受入れはメディアの自殺行為

民主党の前原政調会長が自分のことを「言うだけ番長」と表現した産経新聞を出入り禁止にし、記者会見への出席を拒否したことが問題になっている。これは報道の自由、表現の自由を踏みにじる重大かつ危険な行為だ。世の中はもっと関心をもつべきだ。

産経新聞が事実関係の誤報を放置して開き直っているならともかく、言ったことが実現しない前原政調会長のことをマンガの「夕焼け番長」にかけて「言うだけ番長」と表現した単なる文章表現上の問題である。前原氏が断言したものの実現しなかったことは枚挙にいとまがないことは政治家や記者の間だけでなく、一般にも広く知られていることだ。それをマンガのタイトルになぞらえて「言うだけ番長」と表現した記者は相当ウィットに富んだ人物だろう。

書かれた側の悔しさはよく分かる。私も「お友達内閣」などと書かれて不愉快だったことを思い出す。マスコミの報道姿勢にも問題が無いとは言えない。しかし与党の政調会長という権力を持つ側はこういう批判も含めて受けていかなくてはならないのだ。
今回前原氏がこのウィットに富んだ表現に対して、ウィットに富んだ切り返しをしていれば、逆に度量のある人物として評価が高まっただろう。

もう一つの問題点は、産経新聞が理不尽な会見出席拒否をされているのに、他のメディアが唯々諾々と(産経新聞を識別するために民主党職員が要求する)名刺を差し出して記者会見に出席したことだ。

このような場合には各社が連携して前原氏の記者会見をボイコットすべきだった。最近のメディアには言論の自由を死守するという気概が感じられない。このようなことを繰り返していてはメディアの自殺行為につながっていく可能性がある。

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 コロナめぐり識者に苦言

    橋下徹

  2. 2

    クルーズ船で横浜の飲食店が悲鳴

    田中龍作

  3. 3

    独善的な告発医師の下船やむなし

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    安全無視? 日本の危機管理に呆れ

    ESQ

  5. 5

    夫の性犯罪発覚で妻が味わう屈辱

    幻冬舎plus

  6. 6

    韓国人観光客が消えた対馬の窮状

    NEWSポストセブン

  7. 7

    サブウェイの対面注文が「怖い」

    幻冬舎plus

  8. 8

    中居正広「登る山を探している」

    SmartFLASH

  9. 9

    「神」の不倫に困惑した少年時代

    いいんちょ

  10. 10

    3日で5倍 韓国のコロナ感染急増

    木走正水(きばしりまさみず)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。