記事

イラン、米国の条約交渉提案を一蹴 前回合意を破棄と非難


[ロンドン 20日 ロイター] - イランのザリフ外相は20日、米国がイランの弾道ミサイル開発などを巡る合意を目指して交渉を提案していることについて、米国は2015年核合意を破棄した経緯があるとして一蹴した。

米国務省のイラン特使ブライアン・フック氏は19日、米政府がイランとの間で、同国の弾道ミサイル開発や中東地域での影響力などを制限対象とする新たな条約締結交渉を模索していることを明らかにした。

フック氏は新たな合意について、「前回のように2国間政府による非公式の取り決めではなく、条約の締結を目指す」と述べた。

ザリフ外相はツイッターで、2015年核合意を「非公式の取り決め」とする見解を退け、同合意は「国連(安保理決議)に記された国際協定だ」と反論した。

あわせて読みたい

「イラン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナ後の日本は失業者増えるか

    ヒロ

  2. 2

    米で広がる分断 アジア人も下層

    WEDGE Infinity

  3. 3

    コロナでトランプ惨敗説が急浮上

    WEDGE Infinity

  4. 4

    給付金寄付の強制は「責任転嫁」

    非国民通信

  5. 5

    渋谷で「一揆」補償巡りデモ行進

    田中龍作

  6. 6

    米の中国批判に途上国はだんまり

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  7. 7

    テラハ演者 陰湿さ増す悪魔構造

    女性自身

  8. 8

    重症者少ないアジア 人種要因か

    大隅典子

  9. 9

    マイナンバー遅れで残る利権構造

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  10. 10

    ブルーインパルス 文字を描いた?

    河野太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。