記事

「速やかに国会開会を」自民党総裁選結果受け玉木代表



 玉木雄一郎代表は20日、自民党総裁選で安倍晋三総理大臣が自民党総裁に3選した結果を受け、国会内で記者団からの取材に応じた。

 安倍総理が553票を獲得したのに対し、石破茂候補が254票を獲得し善戦したとされていることについて、玉木代表は自民党の一般党員、特に地方での安倍1強体制への不満の表れだとした。そのうえで、来年の参院選に向けてこうした不満を受け止めるためにも「野党側の体制をしっかりつくらなければいけない」と意気込んだ。

 今後、野党としてどのように政権に迫っていくのかという問いには、公文書管理の問題が総裁選の論点にもなったことに触れ、十分な対応ができていない点については対案を出す考えを示した。災害対策のために補正予算を速やかに組んでほしいと声があがっていることには、「速やかに予算委員会を開き、外交でもさまざまな問題が出てきているのでぜひ国会の場に総理が出て説明をしてほしい」と早期の国会開会を求めた。

あわせて読みたい

「自民党総裁選」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。