記事

金融庁、仮想通貨事業者の顧客財産管理状況を緊急調査=内部資料


[東京 20日 ロイター] - 仮想通貨取引所Zaifでのハッキング被害を受け、金融庁が20日、仮想通貨交換業者を対象に顧客財産の管理状況について緊急調査に着手したことが分かった。調査票を各社に配り、21日までに回答するよう求めている。

ロイターが入手した内部資料によると、調査項目は仮想通貨の管理方法、6月末時点の預かり仮想通貨の額、仮想通貨の移転時に必要な電子署名の方法など。ホットウォレットで顧客の仮想通貨を保管している場合はその規模や、仮想通貨が流出した場合に業者の財務に与える影響も調査する。また、自社の金銭と顧客の金銭を混ぜて保管している場合にはその額や混ぜて管理している理由も回答するよう求めている。

(和田崇彦)

あわせて読みたい

「仮想通貨」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小室騒動招いた宮内庁の調査不足

    毒蝮三太夫

  2. 2

    舛添氏 韓国に侮辱的な対応せよ

    AbemaTIMES

  3. 3

    対韓世論悪化 差し押さえで爆発?

    木走正水(きばしりまさみず)

  4. 4

    韓国の反日 日本に原因はない?

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  5. 5

    よしのり氏 安倍首相は平和ボケ

    小林よしのり

  6. 6

    GW10連休 民間にとっては邪魔

    川北英隆

  7. 7

    深刻なZOZO離れ 株価回復の条件

    PRESIDENT Online

  8. 8

    業界外から考えるパチンコの将来

    宇佐美典也

  9. 9

    文喜相氏が議長の韓国国民に同情

    鈴木宗男

  10. 10

    日米合邦を想像「日本州」の力は

    MAG2 NEWS

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。