記事

スポーツ界を賑わすパワハラ問題の意外な”効用”

2/2

パワハラ問題の思わぬ予期せぬ結果=潜在的順機能

ところが、こうしたパパラッチ的なパワハラ報道、意外なところに思わぬ良き結果をもたらしてもいる。スキャンダリズムに基づいての報道が、スポーツ界の悪しき因襲を駆逐し、体質を浄化するという潜在的順機能がそれだ。

アマチュアスポーツ界に長らく浸透していたもの。それはこうしたパワハラを媒介としてチームや個人を強化するという伝統だ。殴ったり蹴ったりはあたりまえ。高校や大学(とりわけ私立)は知名度を上げるためにメジャーのスポーツ種目への強化を図る。野球、サッカー、ラグビー、駅伝などはその典型的な種目だが、これらはご存じのようにメディアの露出が多い。

だから、自校がこれら分野で知名度を上げれば、必然的に生徒・学生という顧客の獲得が容易になると考える。学校側はこんな「広告的」感覚(残念ながら教育的認識ではない)で一部スポーツの強化を図るので、これまではとにかく「強くなるためならナンデモアリ」みたいな風潮があたりまえのようにまかり通ってきた。

「スポーツ選手は勉強なんかする必要はない」的な発想がその典型で、部活の担当者(監督やコーチ)は勉強二の次で、とにかくスポーツ漬けにする。一方、選手が指導に従わなかったり、成績を上げることが出来なかったりすれば、暴力を含んだ各種のパワハラで選手たちを手懐ける。

酷い指導者となると、学校側に「スポーツで忙しいんだから、選手には授業に出なくても単位を与える配慮をせよ」みたいな発言もあたりまえのようにしてくる場合も。しかしスポーツ選手は大切な広告塔、だから学校側もあまりこれに対して反論は出来ない。

その結果、こうしたパワハラが日常的に発生・浸透し、しかもその事実を学校側は隠蔽する側にまわっていく。かくして悪しき風習は多くの人間が知っていながら表沙汰になることなく、これまでずっと続けられてきた。

ところが、レスリングの伊調馨問題あたりを皮切りに、マスメディアのスキャンダリズムは「これはおいしいネタ」とばかり、次々と同様のネタに飛びつくようになった。ここ1年で雨後の竹の子のようにこれら問題がマスメディア、とりわけワイドショーで取り上げられるようになっているが、これはなにもマスメディアが特ダネでやっていることではない。

もともとこういう風潮がずっとあり、マスメディアもそれを知っていながら、ネタにはならないので取り上げてこなかっただけのこと(スポーツ中継がコンテンツ的においしいという事情もある。この場合のマスメディアの感覚は正義の味方の反対の「弱気を挫き、強気を助く」という、タケちゃんマン的な「権威にすがる図式」となる(古い!)。

当時はヘタにスキャンダル化すると視聴率や購買部数に影響を与えかねない、スポーツ界から締め出しを食らう可能性があるという懸念があった)。それが、恐らく伊調問題で「ネタとしておいしい」「隠蔽するよりバラした方が儲かる」と、費用対効果的立場からマインドセットを変更したのだ。

理由はすでに述べたように「人が犬に噛みつくと事件になる」「権威者・セレブの不幸は蜜の味」の二つの要素がガッツリ備わっていたからだ(加えてパワハラ・セクハラ批判報道が注目を集めていることも大きい)。だから、これまで報道しなかったネタを各メディアが一斉に取り上げはじめ、「スポーツ界パワハラ祭り」が発生したというわけだ。もともとネタならいくらでもあるんだから、すっぱ抜くのは簡単だし。

アマチュアスポーツ界が健全化する?

しかしこの祭りは結果として学校教育界、アマチュアスポーツ界の悪しき風潮を一掃する契機ともなっている。これだけあっちこっちで取り上げられるようになると、もはやパワハラ基調のトレーニングなど平気でやることは出来なくなってしまうという風潮が生まれる。その結果、つまり潜在的順機能として、教育界におけるスポーツトレーニングの方法、スポーツ教育のあり方が健全化するという「予期せぬ良い結果」を生むことになるのだ。

個人的には、こうした出歯亀主義的なものは「質の悪い報道」であることに何ら変わりがないとしても、スポーツ界の健全化に向けての費用対効果を考慮すれば続けもよいのではないかと思っている(もちろんフライング的報道も次々と登場し、それによって被害を被る人間が登場することもあるだろうが。いや、もう発生しているかも知れない)。

つまり、これは「必要悪」なのだ。

あわせて読みたい

「マスコミ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    景観重視で堤防拒否した二子玉川

    田野幸伸

  2. 2

    八ッ場ダムが活躍? 称賛を危惧

    藤田哲朗

  3. 3

    ホームレス拒否への批判に疑問

    永江一石

  4. 4

    矢沢永吉に苦情 不謹慎探す社会

    常見陽平

  5. 5

    災害時リスク高いタワマンの欠点

    tokyo editor

  6. 6

    旭日旗にパブロフの犬状態な韓国

    文春オンライン

  7. 7

    グラドル保育士が破壊するモラル

    田中俊英

  8. 8

    韓国紙 在韓米軍巡り文氏に異論

    WEDGE Infinity

  9. 9

    タワマンは首都圏版ニュータウン

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  10. 10

    電気代に裏金乗せるヤクザな関電

    毒蝮三太夫

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。