記事

くまモンがジャンプ編集部に抗議した方法

1/2
2014年4月、『週刊少年ジャンプ』(集英社)が“パクり騒動”を起こした。相手は熊本県のゆるキャラ・くまモン。雑誌にくまモンが無断掲載されていることを確認した熊本県庁の「チームくまモン」は、ジャンプ編集部に抗議したが、意外な方法を取ることでこの騒動をプラスに変えた。くまモンはどんな手を取ったのか――。

※本稿は、チームくまモン『くまモンの成功法則 愛され、稼ぎ続ける秘密』(幻冬舎)の一部を再編集したものです。

愛読者の職員がたまたま発見

2014年4月、ゴールデンウィークを目前に控えた某日朝、出勤時間帯。熊本県庁で、一人の職員がマンガ雑誌と思しきものを左手に掲げ、血相を変えて職場に飛び込んできました。

「大変です! くまモンがパクられてます!」

チームくまモン『くまモンの成功法則 愛され、稼ぎ続ける秘密』(幻冬舎)

見れば、「週刊少年ジャンプ」(集英社)。どうやら最新号のようです。

「今朝発売された号なんですが、見てください、ここを……」

と、バッグを置くのももどかしく、「週刊少年ジャンプ」22・23合併号を開いて見せます。

職員が集まります。すでに始業の鐘は鳴っています。公務員が勤務時間にマンガ? と、お叱りの声をいただきそうですが、これもまた大事な仕事の一つです。……多分、これからの展開次第では。

「ここです。このうすた(京介)先生は、熊本の出身なんで、くまモンを題材に取り上げたのだと思うのですが……」

と、一気にまくし立てるのですが、

「先生?」
「うすた京介先生です。何か?」
「いや、仮にも『パクられた』と言いながら血相を変えて飛び込んできて、その、言わば犯人を『先生』とは……」
「愛読者なもので」
「あぁ、だから見つけることができたんだ」
「一応、週刊の少年マンガ雑誌は、すべて購読していますから……」

いるんですよ、こんな職員が。それが仕事に生かされるなんて、本人さえ思っていなかったのでしょうが……。「人生に無駄はない」。どなたかの名言が頭をよぎります。

「パロディーの域を出ないのでは?」

「しかし、これって、パロディーの域を出ていないんじゃないですか?」と、知財を担当する職員が口を開きます。

「でも、ここを見てください」と、ページをめくると、

「あぁ、これはくまモン本人だわぁ」

お得意の「振り返り」のポーズで描かれているのは、確かにくまモンです。

「編集担当を主人公にしているとは、集英社も確信犯だなぁ」

「今回熊本出身の尾田先生に『くまモンの読切り100P描いてもらおう!』という一大企画の実現のためにくまモンに取材を申し込んだ」「編集部小野寺宏次」が「どう見てもくまモンじゃないヤツ」に取材する羽目になるという「ゆるキャラ伝説 くまモンじゃないヤツ物語」。リードには、

「熊本が生んだ奇才・うすた京介が、あの熊本のゆるキャラを描……かない!?」(同誌からの引用)
とあります。

「ちゃんと、『あの熊本のゆるキャラを描か……ない』と断り書きもあるけど……」
「それで許せば、すべてオーケーになりますよ」
「しかし、『少年ジャンプ』だよ。そのジャンプがここまで大きく、くまモンを話題にしてくれるとは、なんともありがたいというか……くまモンも成長したねぇ……」

「感心している場合ですか? 少年向けコミック誌としては、最大の267万部と、二番手の倍以上の発行部数を誇るジャンプですよ。その影響力を考えてください」
「部数まで覚えているの?」
「愛読者なもので」

「で、どうしろ、と?」
「ほっとくわけにはいかんですよねぇ……ちゃんと抗議しますか?」
「そうです。集英社の『少年ジャンプ』編集部に乗り込みましょう!」
「つまり……」

テーブル越しに課長を見あげる職員の眼光が鋭くなります。

「つまり、『少年ジャンプ』編集部には、くまモンを抗議に行かせるんだな?」
「はい。正面から抗議したら、お互い気まずくなるだけです。抗議には行くけれど、くまモンが抗議に行く。これが熊本県からのメッセージです。あとはジャンプ編集部がどう出るか。ガチになるか、出来レースになるか……」
「もちろん、言い出しっぺがついていくんだよね。くまモンと一緒に……」

あわせて読みたい

「くまモン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    PCR至上主義は幻想 韓国で露呈

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    五輪中止は決定済み? 記事に驚き

    天木直人

  3. 3

    テラハ 作り上げたリアルの実態

    浮田哲

  4. 4

    ブルーインパルスが都心飛行へ

    ABEMA TIMES

  5. 5

    河井夫妻支えた安倍首相の思惑は

    猪野 亨

  6. 6

    テラハ問題を理解できぬ若者たち

    NEWSポストセブン

  7. 7

    景気回復の奇策「消費税15%に」

    永江一石

  8. 8

    コロナ抑えたハワイ 店舗も再開

    荒川れん子

  9. 9

    フジは迷走? コロナ禍のTV企画

    メディアゴン

  10. 10

    月に30万円稼ぐパパ活女子の本音

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。