記事

なぜメディアは「間接的な被災者」を生むのか

1/2

東日本大震災でも熊本地震でも、北海道胆振東部地震でもそうなのだが、なぜメディアは災害発生時だけ報道が集中し、それ以外は伝えないのだろうか?しかも、家族を失って苦しむ人にインタビューをしたり、被災者が身を寄せ合う避難所の前から大きな声で放送をするなど、その行動はどんどん異常なものになっている。

このような苦しむ人たちをさらに苦しめる報道を誰が見たいのか?現地では怒りの声もあがっている。そしてバランスの欠けた報道によって、「間接的な被災者」も生んでいる。3つの災害を見てきた者として、あまり伝えられていない間接的な被災者のいまと、「観光・伝達ボランティア」の必要性について考える(野村 尚克)

賑わいが戻りつつある札幌狸小路商店街(9月15日13時・筆者撮影)3連休の札幌

3連休の札幌

3連休の初日である9月15日、札幌狸小路商店街にはたくさんの人が歩いていた。ここは札幌の中心部にあり、大通り公園とすすきの間に位置する。最近では海外からの観光客も多く訪れる人気の場所だ。

さっぽろオータムフェスト2018

また、この日は市民の憩いの場である大通り公園で「さっぽろオータムフェスト2018」が開幕。これは北海道内の旬の食材やグルメなどが集まるイベントで、当初は9月7日に開幕予定だったが地震の影響で15日からスタートしたもの。この場所はさらに多くの人で賑わっていたが、毎年来ていると言う市内在住の50代の主婦は「例年より人が少ない。特に観光客や海外の人がいない」と言う。しかし、このように3連休の札幌市内でたくさんの人たちが楽しんでいる状況を北海道外の人はどこまでご存知だろうか?

災害が発生すると家屋を失い、命や家族を失う人たちが生まれてしまう。この方たちは「直接的な被災者」であり、いま現在で死者41人、重軽傷者679人、負傷程度不明者2人、避難者1,177人が存在する(※9月18日現在・内閣府発表)。

災害発生後は第一にこうした人たちへの早急な支援が必要であることは言うまでもない。しかし、一方であまり注目されない被災者もいる。それは災害の風評や観光の自粛などによって被害を受ける「間接的な被災者」であり、主に観光業や飲食業などに携わる人たちだ。しかし、この人たちが日常の生活に戻って働いても、その姿を伝える報道はなぜかあまり見られない。

すすきののいま

ジンギスカン屋の「めんよう亭」

「すすきの」は札幌市内にある北海道一の歓楽街である。現在、国をあげて海外からの観光客誘致に積極的だが、その目玉の一つに「ナイトタイムエコノミー」がある。これは「夜の経済」と言われ、観光客を集める新たなコンテンツとして注目されているものだ。北海道ではすすきのが主要拠点にあたり、食や酒といった魅力ある観光資源を提供している。

すすきのにある「めんよう亭」は生ラムにこだわるジンギスカン屋だ。昭和60年の創業から口コミで人気となり、いまでは行列の絶えない繁盛店である。しかし、私が訪れた時は客が1人もいなかった。店主の利浪かつ子さん(69歳)は、「今回のような状況ははじめて」と言い、しかし、この日もお客が来るかもしれないと、炭をおこして店を開けていた。「お客さんがいつ来てくれるかわからない。しかし来た時に食べるものを提供できなければ楽しい観光をガッカリさせてしまうから」。

すすきのの入口にある「ラーメン横丁」はいつも観光客で賑わう観光名所だ。ここに店を構える「ラーメンの赤レンガ」は、ラーメン激戦区のすすきので平成4年から営業する人気店である。しかし、こちらも私が訪れた時は客が1人もいなかった。店主の森秀樹さん(50)は「電気が復旧した翌日から店を開けているが客数は3分の1になった」と言い、「特にひどいのは夜の営業。観光客が激減している」と言う。しかし、そうした状況であっても朝から仕込みを行い、いつでも客をもてなす準備を整えている。

ラーメンの赤レンガ

このように観光や地域の経済に貢献している飲食店が苦しむ姿は、災害後の東北や熊本とよく似ている。どちらも「被災地」とのイメージが広まり、通常営業している店の姿が知られていないからだ。

今回の地震によって北海道への宿泊キャンセルは延べ94万2,000人、影響額は117億2,500万円に上り、飲食代や土産物代などを含めた影響額は約292億円と推計されている(※9月15日・北海道庁発表)。北海道は観光によって地域を活性化させてきた日本を代表する観光地の一つである。

私は災害後の東北と熊本を現地で見てきたが、この悲惨な状況は当時の熊本から書いたこの時の状況とそっくりである(※2016年5月2日:【熊本地震】これから必要なのは「トリプルボランティア」)。

直接的な被害を受けたのは一部の地域

主な被害状況

北海道は「都道府県」の一つとして区画されているが、実態は「関東地方」や「九州地方」といった地域ブロックに近い。実際に地図を当てはめるとわかりやすいが、本州の真ん中に北海道を置けば、北は石川県から南は静岡県、西は大阪府から東は東京都までがすっぽり入る大きさだ。つまり、1つの地方の中に札幌、旭川、函館、帯広、網走といった県のような市がある「1つの地域ブロック」とも言えよう。これを北海道外の人が理解するのは難しいのかもしれない。

あわせて読みたい

「風評被害」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    医療崩壊を煽る報道に医師が怒り

    名月論

  2. 2

    欧州の学者 日本と差は「民度」

    WEDGE Infinity

  3. 3

    宮迫&中田&手越共演で「TV崩壊」

    かさこ

  4. 4

    みんなで隠蔽した近藤真彦の不倫

    渡邉裕二

  5. 5

    松本人志のGoTo巡る案に賛同続々

    女性自身

  6. 6

    検査少ない東京 実際の感染者は

    ktdisk

  7. 7

    ジリ貧の書店 サービス不足原因?

    吉田喜貴

  8. 8

    対案出さない野党「追及で十分」

    PRESIDENT Online

  9. 9

    自民党も評価 公正だった民主党

    非国民通信

  10. 10

    香港民主派の周庭さんら3人収監

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。