記事

米上院、つなぎ予算含む歳出法案を可決 政府機関閉鎖回避へ前進

[ワシントン 18日 ロイター] - 米上院は18日、12月7日までのつなぎ予算を盛り込んだ総額8550億ドルの大型歳出法案を93対7の圧倒的多数で可決した。

今後、今月下旬までに下院を通過し、トランプ大統領が署名すれば、今年度予算が失効する30日以降の政府機関の閉鎖は回避される。

ただ、トランプ大統領はこれまでに、メキシコとの国境の壁建設費用を確保できなければ、政府機関の閉鎖も辞さないとの考えを表明している。

歳出法案には、6750億ドルの国防総省向け予算のほか、厚生省や労働省向け予算が含まれる。

また、つなぎ予算の確保によって、議会は来年度予算を審議する猶予を得ることになる。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください。)

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅首相に見る本読まない人の特徴

    山内康一

  2. 2

    パワハラ原因?オスカー崩壊危機

    渡邉裕二

  3. 3

    公選法に抵触 毎日新聞の終わり

    青山まさゆき

  4. 4

    橋下氏 毎日新聞のご飯論法指摘

    橋下徹

  5. 5

    進次郎氏の発言に専門家「軽率」

    女性自身

  6. 6

    都構想反対派が自壊 主張に疑問

    青山まさゆき

  7. 7

    誤報も主張曲げぬ毎日新聞に呆れ

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    TBS番組が伊藤健太郎逮捕で誤報

    女性自身

  9. 9

    任命拒否 提訴できず手詰まりか

    文春オンライン

  10. 10

    相次ぐ「GoTo外し」観光庁に疑問

    木曽崇

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。