記事

2018年自民党総裁選への対応について

1/2

現在、自由民主党総裁選が行われており、9月20日に開票が行われる予定です。安倍晋三候補と石破茂候補が立候補しています。橋本がくも、現職の自由民主党所属の衆議院議員として一票を持っています。この一票について、今回は石破茂候補に投票することと決めましたので、ご報告いたします。

今回の総裁選は、正直、選択に悩みました。安倍晋三総裁により政権復帰を果たし、内政・外交共に様々な成果を挙げていることは間違いありません。外交・安全保障においては、オバマ大統領の広島訪問の実現、慰安婦問題に関する日韓合意の実現、TPP11の合意、平和安全法制の実現など、困難な課題に挑戦しさまざまな実績を残しています。

2年前に発生したアメリカ軍属による沖縄県うるま市の女性暴行殺人事件を受け、アメリカとの困難な交渉の末「日米地位協定の軍属に関する補足協定」を締結したことは、まだ議論は残るもののもう少し評価をされてもよいのではないかと思います。内政面においても、アベノミクス実行はもとより、一億総活躍プランや働き方改革実行計画などを策定し、それに基づき様々な政策を実行に移していることも、安倍総理のリーダーシップがあってのことです。

僕も自民党にあっては外交部会長ないし厚生労働部会長の立場で政府の動きを見ていましたが、実に心強く感じています。また、西日本豪雨災害発生後、ただちに倉敷市真備町を訪問し迅速な対応をいただいたことにも、深く感謝しています。

一方で不本意ながら、安倍政権に対して猛然と批判をしなければならないことも、一度ならずありました。先の選挙の直前に消費税増税分の使途見直しを突然打ち出したこと(新聞記事参照)、厚生労働省分割論が新聞紙上を賑わせたこと(ブログ「厚生労働省分割論反対論」参照)、海賊版サイト対策としてブロッキングを政府が要請する動きがあったこと(ブログ「政府による著作権侵害サイトのブロッキング要請に反対します。」)、などです。

これらは、安倍総理ご自身が言い出したことではないのかもしれませんし、消費税増税分使途変更以外はまだ議論の最中で結論が出たわけでもありません。しかし、この政権の中で打ち出された、または打ち出されかけた発想が許せないものなのであれば、最終的には安倍総理に責任を負っていただくしか途はありません。現政権の継続に対して、もろ手を挙げての賛成も、致しかねるのです。

あわせて読みたい

「自民党総裁選」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    堀江氏 バイトテロは昔からある

    キャリコネニュース

  2. 2

    海老蔵が豊洲で都知事をバッサリ

    BLOGOS編集部

  3. 3

    バカッター 実は低リスクで驚き

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  4. 4

    「貧乏人は犬飼うな」はその通り

    永江一石

  5. 5

    徴用工訴訟 逆提訴が日本のカギ

    AbemaTIMES

  6. 6

    いきなり! セブン出店戦略に学べ

    内藤忍

  7. 7

    西川先生の池江巡る発言は暴論?

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    日韓関係 耳傾け合う姿勢が希薄

    宮崎正

  9. 9

    慰安婦解決と天皇の謝罪は別問題

    非国民通信

  10. 10

    「悪夢の前政権」外交面では事実

    MAG2 NEWS

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。