記事

北朝鮮、国内向け思想教育で「核大国」を強調…内部資料を入手

[ブログで画像を見る]

北朝鮮は今月9日、70回目の建国記念日(9.9節)を迎えた。当局はそれを前にして、国民を対象にした「核武力完成」と「核大国」を強調する内容の思想学習を行うよう指示を下していた。デイリーNKはその講演提綱(内容をまとめたレジュメ)の入手に成功した(下の写真)。

北朝鮮国内にいるデイリーNKの取材協力者によると、学習の指示が下されたのは9.9節直前の今月第2週で、対象は朝鮮労働党や行政機関の幹部、党員、一般労働者の学習班だ。

デイリーNKが入手した15ページの講演提綱は、金日成主席と金正日総書記、金正恩党委員長が「自主の原則を具現し、人民大衆の要求と利益を実現した」「強力な軍事力を整備するために様々な決定を下した」と称賛する内容だ。自国を「軍事強国である」と強調するくだりでは、次のような説明がなされている。

「敬愛する最高指導者同志(金正恩氏)は、核武力を中枢とする自衛的国防力を質的、量的に拡大強化するための決死戦を先頭で指揮された」

「国の核武力完成の大業を輝かしく達成したことで、世界的な核強国、戦略国の地位に堂々と並んだ」

北朝鮮は、9日に平壌で開催した軍事パレードに、大陸間弾道ミサイル(ICBM)と潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)を登場させず、メディアも対米非難を控えている。「非核化の意志を表わしたもの」というのが、北朝鮮ウォッチャーの間での一般的な評価だ。

その一方で国内では、核保有を強調する内容の思想教育を行っていることが、この資料から明らかになった形だ。また、北部山間地などに核兵器を隠蔽するための地下施設を建設しているとの情報もある。

(参考記事:北朝鮮、軍需工場を結ぶ地下坑道を完成「核兵器隠ぺいが目的」

講演提綱は次いで、「非社会主義的現象」を取り上げている。

「米帝(米国)と敵対勢力は、わが国の内部に不健全な思想毒素をまき散らして非社会主義的現象を助長させるために手段と方法を選ばない」

「これは革命意識、階級意識を麻痺させ、思想精神的不具者にして、北朝鮮式社会主義を倒すことに目的がある」

非社会主義的現象とは、当局の考えるところの社会主義の気風を乱すあらゆる行為を指す。賭博、売買春、違法薬物の密売や乱用、韓国など外国のドラマ・映画・音楽の視聴、ヤミ金融、宗教を含む迷信などが含まれる。

(参考記事:北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは…

金正恩氏は昨年12月の朝鮮労働党第5回党細胞委員長大会での演説で、「非社会主義的現象を根絶やしにせよ」と指示した。これを受け当局は大々的な風紀取り締まりを行ってきたが、範囲が広く、取り締まりが恣意的なことで国民から強い反発が出ている。今回の講演提綱は、反発にもかかわらず取り締まりを継続する意志が示したものと言えよう。

(参考記事:【動画と解説】北朝鮮「異色的な外人モデル」摘発映像

次に講演提綱で強調されているのは、最高指導者の「人民愛」だ。

そのくだりでは、金日成氏がかつて、黄海南道(ファンヘナムド)に住む越南者(朝鮮戦争時に韓国に逃げた人)の家族に会いに行ったときのエピソードが引用されている。

越南者家族は、「土台」「成分」などと呼ばれる北朝鮮の身分制度において「敵対階層」に分類され、進学や就職などにおいて様々な制約を受けている。この家族は「差別されている」と感じながら生きていたが、突然やってきた金日成氏から「父親や夫なしで生きていると聞き、気がかりで会いに来た」と語りかけられ、感動の涙を流したという。

こうした内容が講演に盛り込まれるのは、「最高指導者は常に人民の暮らしのことを気にかけている」ということを強調する目的がある。

また同じ文脈で、金正恩氏が旗振り役となり建設された平壌市内のタワーマンション団地、黎明(リョミョン)通りや、馬息嶺(マシンリョン)スキー場を取り上げ、次のように説明している。

「今、わが国の人民は、他の国なら富裕層しか住めないような豪華な通りや、利用できないような現代的な文化奉仕基地で、この世すべてが羨むような文明を、思う存分享受している」

講演提綱はさらに、北朝鮮の人権問題に対する国際社会の批判についても取り上げている。

「今、敵対勢力どもは人権問題などというものについて騒ぎ立て、わが国の制度を悪辣に誹謗中傷しているが、わが人民すべての心の中にある社会主義に対する信念は、さらに堅牢なものとなっている」

講演提綱は、次のように締めくくられている。

「今年も、敬愛する最高指導者同志は不眠不休の対外活動で、わが共和国の尊厳と国威を最高の境地に至らしめ、全国の全人民を呼び起こし、より大きな勝利を達成させた」

「すべてのイルクン(幹部)、党員、勤労者は、党の新たな戦略的路線を貫徹するための闘争に総決起、総邁進することで、社会主義偉業の最後の勝利を必ず成し遂げなければならない」

北朝鮮が国内において、対外的に示している姿勢とは異なる方向性の思想教育を行うのは、よくあることだ。内部の結束と体制への忠誠心を高める意図からだが、国民はこれら思想教育を話半分で聞いているため、どれほどの効果があるかは未知数だ。

北朝鮮当局が今月に入り配布した講演提綱

※デイリーNKジャパンからの転載

あわせて読みたい

「北朝鮮」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「シャネルは古臭い」若者に変化

    krmmk3

  2. 2

    橋下氏「日本こそ自国第一主義」

    AbemaTIMES

  3. 3

    山本一郎氏 川上量生氏を提訴へ

    やまもといちろう

  4. 4

    宗男氏「日ロ会談で歴史動いた」

    鈴木宗男

  5. 5

    韓国現代自動車はなぜ凋落したか

    ロイター

  6. 6

    徴用工判決で日本「韓国撤退」も

    NEWSポストセブン

  7. 7

    山尾志桜里氏の改憲案はズレズレ

    猪野 亨

  8. 8

    マイナンバー3年目も普及進まず

    週刊金曜日編集部

  9. 9

    日本がBTSを利用 反日団体が見解

    木走正水(きばしりまさみず)

  10. 10

    徴用工判決 韓国内でも疑問の声

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。