記事

石破さんは、日本の安全保障に係る問題を徹底的に提起して総裁選後に備えられたら如何だろうか

日本は、いつまでもアメリカの言いなりになってはいられないのではないかしら、と思っている。

勿論、今の日本が置かれている状況でアメリカに向かって真正面から楯突くわけにはいかないのは当然だが、今のままだと、日本はアメリカの掌の上で踊らされている猿のようなものだな、と思わざるを得ないところがある。

オバマ時代のアメリカは、それでも世界の盟主としての地位を自覚し、アメリカ一国の利益だけを追求しているようには見えなかったから、日本がアメリカの要求を受け入れてそれなりの国際貢献や国際協力体制の構築に邁進していても、結果的に日本の安全保障体制の強化に貢献しているはずだ、と信じることが出来た。

しかし、トランプのアメリカは、剥き出しのアメリカ第一主義のようで、国際社会の平和や安全、さらには国際秩序の維持のための国際的ルールの確立には無頓着のようで、アメリカという猛獣の尾を踏んでしまったらどういう仕打ちをされるか分かったものではない、と思わせるようなところがある。

安倍総理は、目下のところそういうトランプ大統領のご機嫌取りに成功しているように見えるが、トランプ大統領のご機嫌を損ねるようなことは一切言わないで済ましているだけなのかも知れない。

私は、防衛省、自衛隊の現場でどういうことが起きているのか知らないが、防衛予算要求を子細に検討しているある軍事専門家のブログ記事を読むと、どうやら防衛省、自衛隊の予算要求の現場では無茶苦茶なことが行われているらしい。

私に知見のない分野なので、真偽のほどは何とも言えないが、その方のブログ記事を読む限り黙って見過ごしてはいけない状況にあるようだ。

安倍総理の下にはこういう類の情報は届かないのかも知れない。

仮りに届いても、多分、安倍総理には何も出来ないはずである。

その、安倍総理には何も出来ないはずの分野を、防衛オタク、軍事オタクという定評がある石破氏に補ってもらいたい。

安全保障の分野は、石破氏の独壇場のはずである。

あわせて読みたい

「石破茂」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    BTS炎上にみる韓国の被害者意識

    中田宏

  2. 2

    北方領土の交渉で日米同盟に危機

    天木直人

  3. 3

    北方領土の一括返還主張は理想論

    鈴木貴子

  4. 4

    「少年院出身アイドル」の破壊力

    松田健次

  5. 5

    経済不振で日本叩きを始める韓国

    WEDGE Infinity

  6. 6

    北方2島返還で日本は多くを失う

    木走正水(きばしりまさみず)

  7. 7

    NZ航空の低レベルサービスに驚き

    かさこ

  8. 8

    言い間違い連続の桜田大臣に呆れ

    小宮山洋子

  9. 9

    新型Mac miniは「いちいち快適」

    常見陽平

  10. 10

    徴用工 海外の日本資産も注目か

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。