記事

欧州の医療システムは導入できない

中村ゆきつぐという人が、女医問題でわしに反論してるので、簡単に書いておこう。

欧州では利用者が好きな時に、好きな町医者や大学病院を選ぶ自由はありません。
セカンド・オピニオンなんて気軽に聞きに行く自由などないのです。
医療センターに電話して、指定されたかかりつけ医・家庭医に、指定された日に行くしかないのだから、緊急の体調悪化の場合、治療が手遅れになるかもしれない。

しかも欧州の家庭医と、日本の町医者のレベルは圧倒的に違います。
もちろん日本の町医者のレベルの方が高い。

欧州では医者が定刻通りに働いて、休むときには休むシステムができ上がっているから、女医も進出できるほど楽ですが、利用者が安心できるシステムではありません。

ドイツの医療機関で働く日本人の女医が、日本とドイツ、どちらで手術を受けたいかと聞かれ、日本と答える記事がありましたが、入院して担当医を信頼していたら、手術日には全然違う医者が担当するそうです。
システム通りなのですが、日本人にとったらこれは恐いですね。

欧州はバカンスをとる国柄だから、労働の意味合いが違うのでしょう。
日本人は労働に誇りと責任感を持つから、患者とシステムなら、患者をとってしまうのではないですか?

欧州に倣ってシステムを変えろ、意地でも外科に女医を増やせと言ってたら、利用者にとっては好きな町医者を選べないという最悪のシステムを甘受しなければならない結果が待っているだけです。
あなたはそれでいいですか?

現場がきついのはあらゆる職種にあると思いますが、人件費を2倍に増やせるほど病院や会社が儲かっていれば、解決できるのでしょうがね。
経営って大変ですよ。わしは身をもって知っています。

中村ゆきつぐさん、自分で欧州のシステムを調べてみましょう。
ついでに欧州の個人主義と、日本人の国民性について、もっと深く考えてみましょう。

日本の医療に関しては、男女平等なんかより、もっと重要な問題があるはずです。

あわせて読みたい

「医療」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    BTS炎上にみる韓国の被害者意識

    中田宏

  2. 2

    北方領土の交渉で日米同盟に危機

    天木直人

  3. 3

    北方領土の一括返還主張は理想論

    鈴木貴子

  4. 4

    「少年院出身アイドル」の破壊力

    松田健次

  5. 5

    経済不振で日本叩きを始める韓国

    WEDGE Infinity

  6. 6

    北方2島返還で日本は多くを失う

    木走正水(きばしりまさみず)

  7. 7

    NZ航空の低レベルサービスに驚き

    かさこ

  8. 8

    言い間違い連続の桜田大臣に呆れ

    小宮山洋子

  9. 9

    新型Mac miniは「いちいち快適」

    常見陽平

  10. 10

    徴用工 海外の日本資産も注目か

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。