記事

「みんなは“強い安室”を求めてた」 安室奈美恵は26年間、何を語ってきたのか? ~1992年のデビューから引退までのコトバ~ - 近藤 正高

 歌手の安室奈美恵が、デビュー26周年を迎えたきょう、2018年9月16日をもって芸能界から引退する。きのうは、沖縄コンベンションセンター(沖縄県宜野湾市)での音楽フェスに出演、これが事実上最後のステージとなった。今夜には、宜野湾トロピカルビーチで彼女の楽曲に合わせて花火を打ち上げるショーが開催されるなど、地元を挙げての盛大な送り出しとなる予定だ。

【写真】「すべては“ライブ”を目がけてやっているんです」20代後半に気づいたと言う安室奈美恵

©getty

“歌ではなく、演技を選んだ”少女

 安室が芸能の道へ進むきっかけは、よく知られるとおり、小学生のときに沖縄アクターズスクールに入学したことだ。友達の付き添いで見学に訪れた彼女に、校長のマキノ正幸がずば抜けた才能を見抜き、特待生として入学させたという話は語り草である。

 もともと音楽にそれほど興味があったわけではない。入学当初は、歌とダンスではなく、演技のクラスを選んだほどだ。それが友達のやっている歌やダンスの授業のほうが楽しそうに思えてきて、クラスを変更してもらうと、しだいに興味が高まっていく。歌うことを仕事にできればいいなと初めて思ったのは、中学に入り、スクールのイベントに初めて出演したときだという。

「私、絶対に成功してみせる」母に見せた涙

 1992年、アクターズスクールの生徒たちにより結成されたスーパー・モンキーズの一員としてシングル「恋のキュート・ビート/ミスターU.S.A.」でメジャーデビュー。中学在学中は、沖縄と東京を往復しながら芸能活動をしていたが、卒業を機に上京する。このとき最後まで反対した母親は、出発当日の朝、安室からボストンバッグを力ずくで奪い取って止めようとした。だが、彼女は涙を流しながら「私、絶対に成功してみせる」と言ってバッグを取り返す。根負けした母は、ちょうど財布にあった2万円を渡すと、後ろ姿だけを見送ったという(『週刊文春』1998年5月28日号)。

 デビューしたあともけっして順風満帆ではなかった。ヒットに恵まれず、「沖縄に帰ろう」と何度も思ったという。ようやく1995年、安室奈美恵 with スーパー・モンキーズ名義による「TRY ME~私を信じて~」がヒット。同年4月には「太陽のSEASON」でソロデビュー、10月リリースの「Body Feels EXIT」より小室哲哉がプロデュースを手がけ、12月の「Chase the Chance」で初めてチャート1位を獲得する。以来、安室と小室のコンビは次々と大ヒット曲を生み出していった。

「仕事も“安室奈美恵でいること”もやめたい」

 しかし、華々しい活躍の裏で、どん底もたびたび味わった。結婚と出産にともなう1年間の休業から復帰した直後には最愛の母を失くす。悲しみを乗り越えたころには離婚。これと前後して、2001年には小室哲哉のプロデュースから離れ、音楽の方向性にも悩むことになる。後年、彼女は次のように当時を振り返っている。

《結婚も、出産で仕事を休むことも、何も怖くなかった。でも、母のことがあってからはずっと辛かった。なんでこんなに濃い人生なんだろう。もう仕事も“安室奈美恵でいること”もやめたいと思っていました。だけど、今がどん底だとすれば、これ以上悪くなることはないはず。そう思うと、少しずつ楽になれました》(『AERA』2008年5月12日号)

「つまり、みんなは“強い安室奈美恵”を求めてた」

 2003年、安室はヒップホップやR&BのアーティストたちとコラボレーションしてSUITE CHIC名義でアルバム『WHEN POP HITS THE FAN』を制作。一緒に仕事をしたかった人たちと、やりたいことをやらせてもらった経験は、自己プロデュースに乗り出す大きな転機となった。ただ、そのなかでファンへの姿勢について考えさせられることもあった。

《当時、結婚と出産を経て、少し性格が丸くなっていた私は、やわらかいテイストの楽曲でいきたいと思っていたんですね。ところが、いざ楽曲を発表してみると、ファンの方が“あれ? なんか、ちょっと違う”って違和感を感じていて。つまり、みんなは“強い安室奈美恵”を求めてたんです。その反応を見た時、私は『私がやりたい音楽を貫くんじゃなくて、ファンの方が求めていることに応えたい』と思った。我を貫くこともできたのかもしれないけど、みんなの期待に応えることが、その時の私の中でベストだと思ったんです。あの選択があったからこそ、今の安室奈美恵がある。確実に、私のターニングポイントのひとつだと言えますね》(『MORE』2012年8月号)

「すべては“ライブ”を目がけてやっているんです」

 ファンの期待に応えることを何より大切にする彼女の姿勢は、ライブを重視することへとつながっていく。やがては活動のすべてがライブへと集約されていった。

《トレーニングはもちろん、曲を作ってレコーディングすること、CDをできるだけ多くの人に聴いてもらうこと……とにかく私がしていることすべては“ライブ”を目がけてやっているんです。ただ、それに気がついたのは20代後半、『PLAY tour 2007-2008』の時。すごく時間はかかりました》(『MORE』2010年5月号)

「PLAY tour 2007-2008」は、アルバム『PLAY』を引っ提げて2007年8月から半年間、日本を縦断したツアーだ。さらに翌08年7月、30歳にしてリリースしたベストアルバム『BEST FICTION』は売上が170万枚を超え、10代、20代、そして30代と“3年代連続”のアルバムのミリオン突破となる。国内のアーティストでは初の快挙だった。同アルバムにともなうツアーは、追加公演を重ね、女性ソロ歌手では最多の50万人を動員した。

 ことあるごとに「歌と踊りが一緒になったとき初めて自分が完成する」と語ってきた安室にとって、ライブこそ表現のすべてだった。今年2月から6月にかけて5大ドームをまわった最後のツアー「namie amuro Final Tour 2018~Finally~」は約75万人を動員し、ソロアーティストにおける新記録を樹立。同ツアー終了後、彼女は《同じ楽曲を同じ空間で同じように楽しめるのは、コンサートでしか味わえないこと。私にとってはそれが一番楽しい時間でしたし、元気ももらえました》と語っている(『with』2018年10月号)。

「30代が、もう本当に素晴らしく楽しい10年間だった」

 昨年の9月20日、40歳になった安室は、《私が長年心に思い、この25周年という節目の年に決意した事》として1年後の引退を発表するも、その理由については明言しなかった。ただ、かつて彼女は、ブレイクしてからも何度となく「沖縄に帰りたい」と思ったと明かしたうえで、こんなことを話していたことがある。

《ある時冷静に『私はいつやめるんだろう?』って考えたことがあるんです。そこで出した結論は、周囲と私の“やめよう”っていう気持ちが一緒になった時にやめようってこと。もし、お互いに『もう、いいよね』、『そうだね』って一致する時がきたら、そこがやめ時なのかなって思ったんです》(『MORE』2012年8月号)

 引退を決意したのは、ひょっとすると、「すべてをやりきったからやめてもいい」という思いを本人とスタッフなど周囲の人たちが共有したからなのかもしれない。それを証明するかのように、引退直前のインタビューでは、《30代が、もう本当に素晴らしい楽しい10年間だったんです。いろんなことが自由にできて。だから、ここから先はこの最高の10年をもとに歩いていけると感じているんです》と口にしている(『ViVi』2018年8月号)。

「毎日ゲラゲラ笑っているおばあちゃんになりたい」

 同じインタビューではまた、将来についてこんなことも語った。

《毎日ゲラゲラ笑っているおばあちゃんになりたいですね。もう何がそんなに楽しいのかわからないってくらいちょっとしたことで笑っている、みたいな。

 ちょっとしたことが、本当は楽しいことなのに、それじゃあもう満足しない感じになってしまっていて、ちょっとしたことでは笑えない世の中は、もうみんな疲れすぎ!(笑)って思います》

 どん底と頂点、いずれも味わった者だからこその発言だろう。安室奈美恵は歌手時代のすばらしい日々を糧に、新たな一歩を踏み出そうとしている。

(近藤 正高)

あわせて読みたい

「安室奈美恵」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    BTS炎上にみる韓国の被害者意識

    中田宏

  2. 2

    北方領土の交渉で日米同盟に危機

    天木直人

  3. 3

    北方領土の一括返還主張は理想論

    鈴木貴子

  4. 4

    「少年院出身アイドル」の破壊力

    松田健次

  5. 5

    経済不振で日本叩きを始める韓国

    WEDGE Infinity

  6. 6

    北方2島返還で日本は多くを失う

    木走正水(きばしりまさみず)

  7. 7

    NZ航空の低レベルサービスに驚き

    かさこ

  8. 8

    言い間違い連続の桜田大臣に呆れ

    小宮山洋子

  9. 9

    新型Mac miniは「いちいち快適」

    常見陽平

  10. 10

    徴用工 海外の日本資産も注目か

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。