記事

「インスタのかわいい子に速攻DM」「彼氏のアカウントに入って、女の子との会話をスクショ」若者たちのSNS恋愛術

1/2

 「ケータイを最近壊してしまって、LINEが消えちゃって、それで彼女を失った。LINE以外に繋がりがなかった」

 AbemaTV『AbemaPrime』が渋谷と原宿の若者100人以上に取材したところ、もはやSNSなしでは恋愛が成立しない、という実態が明らかになった。今や、出会い・告白・お付き合い・別れという、恋愛の全プロセスでSNSがマストアイテムとなっているのだ。

 TwitterやInstagramの中での出会いも、スマホ世代にとっては当たり前。「インスタにかわいい子がいたらフォローして、フォローが返ってきたら速攻でDMを送って、軽く仲良くなって、LINE交換して、遊んで、って感じっすね。それで付き合った女の子は結構いる」「他校と付き合ったりするならSNSがないときっかけが生まれないんで」と、実に37.3%の人がSNSのやり取りから交際に発展したと回答した。

 しかし、アップする写真を"盛る"のもまた常識。「会ったら実際と違った。"ちょっと詐欺ってたな"みたいな。"もう帰りたい"って思うこともある」という意見も聞かれた。

■「ネットからなら性格から入れる」「会わない方が気楽」

 そんな背景があるせいか、Twitte上には一度も会ったことのない相手と交際していることを伺わせるアカウントもたくさんある。「相手の私生活が見えないのはいいことでも悪いことでもある」「"会ったことがない"という壁が逆に燃える」「会わない方が気楽」という理由だ。

 その一人、高校2年生のジュノンさんは、2年前にゲーム内で知り合い、LINEで「付き合って」って言われたという。「直接だと見た目から入ってしまう部分もあるけど、ネットからなら性格から入れる」。未だに一度も会ったことはないが、「最長で連続13時間くらい通話して。話しながら寝て起きた時、繋がってたらそのまま"おはよう"って。つらい時とかすぐに気付いてくれて、優しい言葉をかけてくれる」。

 その後、番組のスタッフと一緒に彼氏に会いに行くことにしたジュノンさん。「最初、緊張して全然話せなかったけど、慣れてきて普段通りに話せた。会う前よりも好きになれた」と笑顔を見せていた。

あわせて読みたい

「SNS」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ゴーン氏逮捕 例を見ない悪質さ

    弁護士 紀藤正樹 Masaki kito

  2. 2

    長与千種は例外 喧嘩は通報せよ

    常見陽平

  3. 3

    いじめ自殺 校長の一言に父怒り

    渋井哲也

  4. 4

    よしのり氏 日産巡る意見に驚き

    小林よしのり

  5. 5

    日産社長のゴーン氏批判に違和感

    安倍宏行

  6. 6

    日本に勝利? 韓国で進む歴史歪曲

    NEWSポストセブン

  7. 7

    ゴーン氏前妻 逮捕は当然の結果

    文春オンライン

  8. 8

    ゴーン氏失脚 日産には絶好機に

    吉田喜貴

  9. 9

    ゴーン氏逮捕で日産にメリットも

    ヒロ

  10. 10

    不可解なゴーン会長報酬の隠ぺい

    郷原信郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。