記事

一時帰国で大人気、紗栄子の注目度支える「羨望と嫉妬」


 今月1日、さいたまスーパーアリーナで開催された『第27回 東京ガールズコレクション 2018 AUTUMN/WINTER』に出演した紗栄子(31才)。サプライズ登場に会場の女子たちから大歓声を浴びた。2017年より2人の息子が英国ロンドンの学校へ通学しているためロンドン在住だが、子供が夏休みで帰省した際の出演だったという。また、久しぶりのテレビ出演も果たし、その発言はまたたく間にネットニュースになった。インスタグラムを見ると、今も日本に滞在中のようで、テレビ出演の予定はまだあるとのこと。イギリスで暮らすようになってからは、メディアの露出も決して多くはないのに、なにかと話題に上る紗栄子。彼女が私たちの胸をざわつかせるのはなぜだろう。

 マーケティングアナリストの原田曜平さんが分析する。

「ファンもアンチもいっぱいいるのが、彼女の特徴の1つ。いわば、日本版ヒラリー・クリントンです。大統領を経験した優秀でハンサムな夫がいて、子供に恵まれて、自分も弁護士・政治家としてキャリアを積んでいる。地位もお金も手に入れた彼女のことが嫌いだという人たちがいる一方で、支持する人たちも大勢います。紗栄子さんの場合も、それと同じ構造です」(原田さん・以下「」内同)

 紗栄子は2007年にプロ野球選手のダルビッシュ有選手と結婚。2児をもうけるも、2012年に離婚。2015年、総資産3000億円超えともいわれるZOZOTOWN運営会社スタートトゥデイ社長・前澤友作さんと交際を始めたが、のちに円満に別れたと発表した。

「女性なら誰もが憧れるイケメン野球選手やお金持ちなど、一般的に背伸びをしても届かないような男性と交際。ママになっても、恋愛も仕事もうまくいっています。本当は両方欲しいけれど、片方だけ、もしくは両方もてない女性が大半でしょう。だから“すごい”と羨望の気持ちをもつ人もいれば、嫉妬してアンチになる人もいるわけです」

 彼女がシングルマザーであることも、彼女に対して関心が集まる理由の1つだと原田さんは指摘する。インスタグラムには、2人の子供たちとの日常がたびたび投稿されている。最近では、日本に帰国してからの子供たちとその友人たちとの夏休みのお出かけが報告された。そこには、子育てに悩むシングルマザーの姿はない。もちろん、何かと苦労も多いはずだが、少なくともそれを感じさせない余裕のある生活がインスタからは垣間見える。

「今の日本の離婚率は3分の1という驚異的な数字で、シングルマザーは珍しくありません。とはいえ、シングルマザーは経済的に貧困化しやすいという社会問題もある。そんな中で、同じシングルマザーという立場から、成功している紗栄子さんに憧れる人もいれば、妬む人だっている。そうした強い思いを持つ両者が存在していることが、紗栄子さんへのこれだけの注目度を支えているんです」

 ダルビッシュ選手からの養育費が毎月200万円弱だと報じられたこともあり、「まったく働かないで優雅な生活をしているのでは?」という声が上がったが、本人はテレビで否定。紗栄子は商品開発やプロデュースのビジネスを17才のころに始め、年商は数十億円ともいわれている。実はビジネスウーマンとしても成功を収めているのだ。

「“男に媚びてそう”と思われがちですが、実際は恋愛でも仕事でも自分を貫いている。普通だったら、資産3000億円の彼氏と別れないですよ(笑い)。それでいて、インスタなどを通じて発信されるファッションなどを見てもわかる通り女子力の高さは圧倒的。彼女を支持する人は、そんな姿に憧れ、純粋に“かっこいい女性”と思うのでしょう」

 仕事も恋愛も子育ても、全て完璧にこなしているように見える紗栄子。アンチから飛び出すのは「それほど美人じゃないしスタイルがいいわけじゃないのに」という言葉。

「そこが、今の時代にはちょうど合っていると思います。1980年代、松田聖子さんはスーパーアイドルで、距離が遠いほどファンは熱狂し、聖子さんを見たくてテレビにかじりつきました。1990年代の安室奈美恵さんブームのときまだそういう傾向があって、安室さんは若者のカリスマとなり、アムラーが社会現象となりました。

 ところが2000年代、AKB48が出てきた辺りから、“会いに行けるアイドル”が人気になります。今のユーチューバーやインスタグラマーの例を見ても明らかな通り、自分が追いつけそうな範囲にいる人に憧れや関心を持つようになりました。手が届かない人は、自分たちとは関係ないと興味を失ってしまいがちです。

 石原さとみさんもすごくきれいですけど、ずば抜けてスタイルがいいわけではありませんよね。石原さんが着た服が売れるのは、“私にも似合いそう”と思えるから。紗栄子さんはモデルもしていますが、背が決して高くはないので、“頑張れば近づけそう”という気にさせる。紗栄子さんが菜々緒さんのようなプロポーションだったら、こんなに注目されていなかったかもしれませんね」

 ブログやインスタグラムなどを通じて、海外にいてもつねに発信できる時代になったことも彼女のことが飽きられない理由の1つ。紗栄子人気はしばらく続くかもしれない。

あわせて読みたい

「芸能界」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  2. 2

    すすきの感染 酒飲みにうんざり

    猪野 亨

  3. 3

    処理水の安全 漁業側が自信持て

    山崎 毅(食の安全と安心)

  4. 4

    iPhone12かProか...売り場で苦悩

    常見陽平

  5. 5

    給付金効果はあったが見えぬだけ

    自由人

  6. 6

    コロナ巡るデマ報道を医師が指摘

    名月論

  7. 7

    学術会議に深入りしない河野大臣

    早川忠孝

  8. 8

    大阪の幻想 維新が得する都構想

    猪野 亨

  9. 9

    岡村結婚の裏に涙のエレベーター

    文春オンライン

  10. 10

    ロンブー淳 TVに抱く気持ち悪さ

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。