記事

大坂なおみを勝利に導いた行動から感情に働きかける方法

1/2
【女子テニス界の”新女王”となった大坂なおみ選手】

 臨床心理士・経営心理コンサルタントの岡村美奈さんが、気になった著名人やトピックスをピックアップ。記者会見などでの表情や仕草から、その人物の深層心理を推察する「今週の顔」。今回は、全米オープンテニスで見事優勝を勝ち取った大坂なおみ選手を分析。

 * * *

   見ていて、なんともやりきれない気持ちなった大坂なおみ選手の表彰式。全米オープンテニス女子シングルス優勝という快挙を日本人で初めて成し遂げたというのに、表情は硬く笑顔もない。

 全米オープンテニスの表彰式を初めてテレビで見たが、舞台中央に立ってポーズをとっていたのは大坂選手ではなく、テニス界の女王と呼ばれるセリーナ・ウィリアムズ選手。その立ち姿を見ていると、女子テニスの主役の座を譲る気は、まだまだないのだろう。

 反対に、大坂選手は、なんとか口元だけは作り笑いを見せていたが、表彰式開始とともに大きくなる観客のブーイングに、サンバイザーのつばを深く下げ、泣き出してしまった。全米テニス協会会長のカトリーナ・アダムズ氏でさえ、最初に誉め讃えたのは、勝者である大坂選手ではなくセリーナ選手。

 そのコメントに、うつむき暗い表情で涙をぬぐいながら拍手し、優勝インタビューでも涙をぬぐいながら、会場のファンに「みんながセリーナを応援していたことは知っています。こんな結果になってごめんなさい」と謝った。本当なら試合の我慢やプレッシャーから解き放たれ、喜びを爆発させたかっただろう。

 実力で勝利したのに、彼女が素直に喜べない状況を作り出したのは、試合中のセリーナ選手の審判への暴言や抗議。完全に感情のコントロールが利かなくなっていたセリーナ選手は、それだけ追い詰められていたのだが、セリーナ選手が感情的になればなるほど、観客のブーイングもヒートアップ。大坂選手にとっては、どんどんアウェーの状況が強まっていった試合だった。

 それでも、大坂選手は落ち着いたプレーを見せた。彼女自身、試合を振り返り、勝利の要因を「我慢」と答えていたように、多くのメディアが、彼女が我慢できるようになった要因を分析している。中でも、我慢できる=メンタルが強くなった、と分析するメディアが多く、彼女自身も、自らをコントロールできるのだという自信を持ち始めている。

 スポーツにおけるメンタルトレーニングにはいくつかの方法があるが、心と体両方からのアプローチを組み合わせた、感情から行動(心から身体)へ働きかける方法と、行動から感情(身体から心)へ働きかける2つの方法がある。

 この試合で彼女がよく行っていたのは、後者の行動から感情へ働きかける方法。ラケットを振り上げ、投げそうになったが、ギリギリでその行動を止めた。感情に任せて怒りそうになるが、にこっと笑う。手を喉にあててこみ上げる感情を抑え、自分に何かを言い聞かせる。

 人は、自らの行動によって、自分が今どう感じているのかを強く自覚する傾向がある。そして、その自らの行動は、自覚した感情をさらに高めてしまうのだ。今回のセリーナ選手がいい例で、ラケットを叩きつけ、抗議すればするほど、感情の抑えが利かなくなるのはこのためだ。

 

あわせて読みたい

「大坂なおみ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    蓮舫議員が炎上 選手応援と五輪運営批判は両立すれど行き過ぎれば非難殺到もまた当然

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月25日 21:53

  2. 2

    ファクターX 新型コロナワクチン副反応が日本で少し強いのはこのため? 日本のファクトを!

    中村ゆきつぐ

    07月25日 10:34

  3. 3

    中田敦彦氏、出版社抜きで電子書籍Kindle出版!著者印税は7倍に!出版社スルー時代の契機になる

    かさこ

    07月25日 08:41

  4. 4

    五輪開会式でNHKアナが台湾として紹介したことに波紋 中国国政メディアは抗議せず

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    07月25日 14:40

  5. 5

    大坂なおみの聖火最終点火に感じた「逆方向の政治的なバイアス」

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    07月25日 08:28

  6. 6

    現職の横浜市長が任期途中に急きょIR誘致を表明 反対する3つの理由

    松沢しげふみ | 参議院議員(神奈川県選挙区)MATSUZAWA Shigefumi

    07月25日 19:48

  7. 7

    新入社員の不自然な3連続「忌引」 相次ぐ親戚の“危篤”に職場困惑

    キャリコネニュース

    07月25日 14:06

  8. 8

    東京都心部の不動産を物色する中国人 入国できなくてもリモート投資を続けるワケ

    NEWSポストセブン

    07月25日 09:04

  9. 9

    五輪応援?五輪反対?も五輪五輪ってうぜえんだよ!っていう五輪無関心派がいること忘れずに

    かさこ

    07月25日 21:12

  10. 10

    バッハ会長“長過ぎスピーチ”で…テレビが映さなかった「たまらずゴロ寝」選手続々

    SmartFLASH

    07月24日 09:20

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。