記事

体操・宮川選手支援の高須院長「お金はどんどん使っていく」

【宮川選手との2ショット(高須院長Twitterより)】

 美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長が世の中の様々な話題に、思いのままに提言をしていくシリーズ企画「かっちゃんに訊け!!」。パワハラを告発した体操の宮川紗江選手へのスポンサー就任についてお話をうかがいました。

 * * *

──近ごろは、アマチュアスポーツ界でのパワハラ騒動が話題になっています。そんな中、高須院長は体操の宮川紗江選手の新たなスポンサーとなりましたね。

高須:輝かしい未来が待っている才能豊かな若い選手が練習できなくなるのは、あまりにも悲しいことだからね。僕は将来がある若者の味方。若者たちが輝くためなら、喜んでサポートするよ。

──ツイッターにアップされていた、宮川選手との笑顔の2ショットも印象的でした。

高須:10代の女の子がパワハラを告発するなんてことはそう簡単ではない。それだけ強い意志を持ったお嬢さんなんだよ。辛いこともたくさんあるだろうに、かわいらしい笑顔を見せてくれて、本当に感動したね。

──体操協会の塚原千恵子女子強化本部長のパワハラ、引き抜き未遂があった一方で、速見佑斗コーチが宮川選手にビンタする映像なども公開され、騒動は複雑化している印象もあります。

高須:もちろん暴力はいけないよ。それでスポーツ選手の技術が向上するとは思えない。でも、速見さんは謝罪したじゃないか。体罰で選手は育たないということをしっかり認めて、前に進もうとしている。だから、宮川選手が望むのであれば速見コーチのもとでまた練習を再開すればいいと思う。僕ができるのはスポンサーになって、選手が自分が求める環境の中で練習を積めるようにすること。周囲の大人たちの利害なんか関係なく、ただただスポーツに打ち込める環境に身を置いてほしい。そのためなら、なんだってサポートするよ。

 それにビンタ映像は3年も前のものだっていうじゃないか。それがここにきて公開されるというのもおかしな話だ。それはもう速見コーチを追い込もうとしているだけのことであって、僕には理解しかねる行為だよ。人間というものは、ちゃんと反省できる生き物だからね。宮川選手の将来を第一に思って謝罪した速見コーチは本当に立派だ。

──今回、宮川選手のスポンサーになるにあたって、体操協会ともお話をなさったんですよね。

高須:そう。個人的なスポンサーになるにしても、事前に協会からOKをもらわないといけないルールになっているからね。僕は思い立ったらすぐ行動するように見えるかもしれないけど、実はスタンドプレーはやらないんだ。しっかり筋を通す。僕が先走って宮川選手に迷惑をかけたら全く意味がない。僕は意外と常識人なんだよ(笑い)。

──しかし、一部からはなぜだか今回の高須院長の行動を批判する声もあるようですね。

高須:本当に意味がわからないね。才能ある若者を支援することが悪いことなのか? そんなことは絶対ない。才能がある若者を放置しておくことこそが最悪の行為だ。僕はただ自分が興味を持ったものにお金を使いたいだけ。自分がサポートしたいと思った人を助けたいだけ。別に税金を使っているわけでもないんだから、いいじゃないの(笑い)。僕のお金くらい自由に使わせてくれって言いたいね。

 もしかしたら、どうしても「高須は悪者だ」ってアピールしたい人でもいるのかな? 「あいつは右翼だから、体制側に違いない。むしろパワハラをする側に違いない」ってね。それは大きな間違いだよ。僕はたしかに右翼だけど、困っているマイノリティーの味方なんだよ。別に応援する人の立場なんて関係ないし、それこそ国籍だって関係ない。

 サッカーのナイジェリア代表もサポートしているしね。ナショナリストだからって、困っている人を助けないなんてことはありえない。むしろ、僕が困っている人を助けることで、日本が豊かになるんだから、どんどん助けていくよ。お金もある限りどんどん使っていく。

 そういう意味では、左翼の人々も僕みたいに困っている人をちゃんと助けていってほしい。なんだったら、政権を批判してもいいから、その分ちゃんと困っている人を助けてほしい。ネットで右翼と左翼の無駄な議論をやっている暇があったら、ちょっとでも有望な若者を助けてほしい。そうするだけで日本ももっと良くなっていくはず。まあ、全部の議論に参加しちゃう僕が言うのも、説得力がないけどね(笑い)。

 * * *
 有望な若きアスリートを支援するその先に、日本の未来を明るくしようという思いがある語る高須院長。もう誰も高須院長を邪魔することなど、許されません!

【プロフィール】
高須克弥(たかすかつや):1945年愛知県生まれ。医学博士。昭和大学医学部卒業、同大学院医学研究科博士課程修了。大学院在学中から海外へ(イタリアやドイツ)研修に行き、最新の美容外科技術を学ぶ。脂肪吸引手術をはじめ、世界の最新美容外科技術を日本に数多く紹介。

昭和大学医学部形成外科学客員教授。医療法人社団福祉会高須病院理事長。高須クリニック院長。脂肪吸引やプチ整形など、日本に「美容整形」を広めた第一人者。人脈は芸能界、財界、政界と多岐にわたり幅広。金色有功章、紺綬褒章を受章。著書に『ブスの壁』(新潮社、西原理恵子氏との共著)、『その健康法では「早死に」する!』(扶桑社)、『筋と義理を通せば人生はうまくいく』(宝島社)、『行ったり来たり 僕の札束』(小学館)、『ダーリンは71歳・高須帝国より愛をこめて』(小学館)、『炎上上等』(扶桑社新書)、『かっちゃんねる Yes! 高須 降臨!』(悟空出版)など。最新刊は『大炎上』(扶桑社新書)。

あわせて読みたい

「高須克弥」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ゴーン氏逮捕 例を見ない悪質さ

    弁護士 紀藤正樹 Masaki kito

  2. 2

    長与千種は例外 喧嘩は通報せよ

    常見陽平

  3. 3

    いじめ自殺 校長の一言に父怒り

    渋井哲也

  4. 4

    よしのり氏 日産巡る意見に驚き

    小林よしのり

  5. 5

    日産社長のゴーン氏批判に違和感

    安倍宏行

  6. 6

    日本に勝利? 韓国で進む歴史歪曲

    NEWSポストセブン

  7. 7

    ゴーン氏前妻 逮捕は当然の結果

    文春オンライン

  8. 8

    ゴーン氏失脚 日産には絶好機に

    吉田喜貴

  9. 9

    ゴーン氏逮捕で日産にメリットも

    ヒロ

  10. 10

    不可解なゴーン会長報酬の隠ぺい

    郷原信郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。