記事

ユートピアの医療システムはない

午前中に皮膚科に行って来た。

美人で優しい女医さんだから、わしは安心して通う。
わしの長年の肌の懸念を除去してくれ、美を保障してくれるありがたい存在だ。

しかし日本の病院の治療費ってすごく安くて、そんな子供のお駄賃みたいな値段でいいの?といつも思ってしまう。
薬がまた激安で、塗り薬2本で300円程度、ジェネリックにしたら、もっと安いらしい。

もちろん、わしは今まで一般庶民よりは高額な保険料を払い続けてきたんだから、それに比べればわし個人の治療費なんておそらく一生、元を取ることはない。

高額所得者が払った保険料が、低所得の多くの人々の治療費に回っているのだから、日本の医療は社会主義みたいなものだ。
利用者にとっての医療を見れば、日本はすでに社会主義のシステムが整えられている。

女医が多いエストニアや欧州諸国では、日本のような利用者にとって天国の医療システムにはなっていない。

国民皆保険のない国では医療費が高くて、低所得層は病院にも行けない。
日本のように自分の好きな町医者を選んで、好きな日時に通える病院のシステムが、女医の多い欧州の国々には、なかなかない。

利用者は、医療センターを通して、指定された病院にしか行けないからだ。
女医にとっては最高のシステムがある国では、利用者にとっては最悪のシステムの国ばかりである。

国柄によってシステムは違うのであって、医者が働きやすいシステムをつくれば、患者はそのシステムに合わせて、意識をガラッと変えなければない。

医者と患者の関係が、「信頼」や「情」で成り立つ日本の医療システムを崩壊させて、信頼の代わりに機械的・合理的に医者が働く「システム」を導入する、それが朝日新聞や東京新聞が望む医療システムである。

斎藤美奈子や、香山リカや、多くのリベラル左翼が、システムによって男女平等の医療システムをつくり、外科医にも女医を増やせと主張するが、それは利用者にとっては不便この上ないシステムになるだろう。

海外の事情を知らぬリベラル左翼は、日本は常に最悪であって、海外ではすでにユートピアが実現していると思っている。
自虐史観は歴史観だけでなく、彼らの人間観、人生観の根本に植えつけられているのだ。

男女平等など、次善の策に過ぎない。

優位に置く価値は、国民の命、しかも低所得層までが恩恵を受ける日本の医療制度だろう。
もちろんそれが現場の医者たちの過重な労働によって支えられていることに、国民は敬意を払い、現場の工夫で漸進的に改革していくしかないだろう。

あわせて読みたい

「医療費」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「首席なの」小池氏との会話回顧

    舛添要一

  2. 2

    王様状態? 麻生氏民度発言の背景

    NEWSポストセブン

  3. 3

    GoTo中止 国民の声気にする政府

    早川忠孝

  4. 4

    「国から直接給付金」望ましいか

    Chikirin

  5. 5

    感染の危険減っている 医師指摘

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    小池知事 カギは卒業証書の現物

    郷原信郎

  7. 7

    久米宏の悪ノリ発言引き出す話芸

    常見陽平

  8. 8

    五輪簡素化にみる生活様式の変化

    ヒロ

  9. 9

    コンビニレジ袋有料化で混雑懸念

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  10. 10

    拉致問題の解決逃した外交に後悔

    鈴木宗男

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。