記事

小室圭さん 米大学ではVIP待遇、専用スタッフがアテンド

【お付きのスタッフを従えて通学する小室さん(共同通信社)】

 曇天の下、皇居・半蔵門に1台の黒塗りの車が入ったのが午前11時頃のこと。しばらくして、再び半蔵門から走り去って行った。9月11日は秋篠宮妃・紀子さまの52才の誕生日だった。参内して、天皇皇后両陛下へご挨拶。皇居での滞在時間は、1時間ほどだった。

 毎年変わらないスケジュールで、粛々と日々を過ごされているが、紀子さまの心中はいかがだろうか。海の向こう、米ニューヨークでは、両陛下の初孫・眞子さまを嫁に迎えんとして、小室圭さんが華麗な日々を謳歌している。

「フォーダム大学での留学生活が1か月経ちました。ラフな格好の同級生を横目に、ジャケットを羽織り、講義は最前列で受けているそうです。各国の留学生ともすぐに打ち解けて、親しくなったようです。勉強の合間に映画を見に行ったり、ブロードウェーにミュージカルを観劇しに行ったりしているようです」(現地メディア関係者)

 フォーダム大学はドナルド・トランプ大統領(72才)らを輩出した、全米でも屈指の名門&セレブ大学だ。そんな中でも、“フレッシュマンのミスター・コムロ”の待遇は破格といっていい。

「渡米に際しては、空港で2人の大学スタッフが出迎え、高級ワゴン車でアパートまで送った。入学前には大学敷地内の学生寮に引っ越しましたが、専属男性スタッフが付きっきりでアテンドしています」(前出・メディア関係者)

 初日の登校時には、大学側のセッティングで、日本のメディアに“初登校シーン”を撮影させるという異例の演出も。警護する大学スタッフを引き連れ、小室さんは意気揚々と大学へ乗り込んだ。

 一方の秋篠宮家では、小室さんがアメリカへ飛び立って、平穏が戻りつつあるという。

「8月上旬、秋篠宮さまが眞子さまと小室さんに“現状では納采の儀は行えない”と説明したという報道がありました。とはいえ、留学が決まっているので、どちらにせよすぐに婚約ができるわけではない。眞子さまもとりあえずは納得されているようです。結婚延期が発表される前後、紀子さまと眞子さまは口も利かなかったようですが、最近は普通に接していらっしゃるようです。ただ、ご夫妻は眞子さまの前で小室さんの話題を出さないようにされている。眞子さまが必要以上にセンシティブにならないよう、配慮されているようです」(皇室ジャーナリスト)

 宮内庁関係者の間でも、小室さんの留学で、「眞子さまの結婚問題も一段落」という見方が広がっている。

「眞子さまと小室さんが物理的な距離をとったことは大きなことです。眞子さまは立場上、お忍びで渡米するのは不可能。3年間も自由に会えなければ、眞子さまもじっくりとお考えになる時間があるでしょう」(宮内庁関係者)

※女性セブン2018年9月27日号

あわせて読みたい

「皇室」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    BTS炎上にみる韓国の被害者意識

    中田宏

  2. 2

    北方領土の交渉で日米同盟に危機

    天木直人

  3. 3

    北方領土の一括返還主張は理想論

    鈴木貴子

  4. 4

    「少年院出身アイドル」の破壊力

    松田健次

  5. 5

    経済不振で日本叩きを始める韓国

    WEDGE Infinity

  6. 6

    北方2島返還で日本は多くを失う

    木走正水(きばしりまさみず)

  7. 7

    NZ航空の低レベルサービスに驚き

    かさこ

  8. 8

    言い間違い連続の桜田大臣に呆れ

    小宮山洋子

  9. 9

    新型Mac miniは「いちいち快適」

    常見陽平

  10. 10

    徴用工 海外の日本資産も注目か

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。