記事

自分のお金が自由に振り込めないという「銀行のサービス」


不動産の投資資金を振り込むために、銀行に出かけました。振り込み手数料が安いのと、伝票記入の手間がかからないので、ATMから振り込もうと思ったのですが、1日のATMからの振り込み金額は、法人でも何とわずか300万円が限度でした。

今回予定していた500万円の振り込みは、窓口でしかできないと断られました。そこで色々聞いてみると、生体認証登録すれば、法人口座であれば一日500万円まで増枠できるとのこと。その場で手続きしてもらい、ATMから何とか振り込みすることができました。

それにしても、この銀行の振り込み金額の限度額は、どうして勝手に300万円と決められているのでしょうか?

日常の取引でも、法人であれば300万円を越える振込は珍しくありません。毎回その度に窓口手続きをしなければならないのは、伝票の記入と窓口の時間とお金が勿体ないと思ってしまいます。

初期設定で限度額が、一律に決められて、それを自由に変更できるなら納得できます。しかし、自分の口座から利用できる金額が、勝手に制限され、変えられないのは何とも理不尽な話です。

限度額を設定しているのは、不正な振込などの犯罪行為を防止するのが目的なのは理解しています。最近のATMには、振り込め詐欺でないか確認する画面が出てきたり、銀行は犯罪防止のための様々な対策が講じています。被害に遭われたシニアの方もいますから、このような対策を否定はしません。

しかし、私のように振り込み限度額を設定しなくても、不正利用などされる可能性のほとんどない利用者も多いはずです。カードと通帳と印鑑は普段持ち歩くことは無く、私以外アクセスできない場所に保管されています。

せめて、利用者が限度額を自由に増枠できるくらいのサービスは提供して欲しいものです。

それとも、これは銀行の手数料稼ぎのための、意図的な設定なのでしょうか?

■ 毎週金曜日夕方に配信している無料のメールマガジン「資産デザイン研究所メール」。メールアドレスとお名前を登録するだけで、お金の不安を解消するための具体的な方法をご紹介します。

■ 「初めての人のための99%成功する不動産投資」、シリーズ累計20万部を超えた「初めての人のための資産運用ガイド」など、今までに出版された書籍の一覧はこちらから。

※内藤忍、及び株式会社資産デザイン研究所、株式会社資産デザイン・ソリューションズは、国内外の不動産、実物資産のご紹介、資産配分などの投資アドバイスは行いますが、金融商品の個別銘柄の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。また、投資の最終判断はご自身の責任でお願いいたします。

※このブログは「内藤忍の公式ブログ」2018年9月13日の記事から転載したものです。オリジナル原稿を読みたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。

あわせて読みたい

「ATM」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ゴーン氏逮捕 例を見ない悪質さ

    弁護士 紀藤正樹 Masaki kito

  2. 2

    長与千種は例外 喧嘩は通報せよ

    常見陽平

  3. 3

    いじめ自殺 校長の一言に父怒り

    渋井哲也

  4. 4

    よしのり氏 日産巡る意見に驚き

    小林よしのり

  5. 5

    日産社長のゴーン氏批判に違和感

    安倍宏行

  6. 6

    日本に勝利? 韓国で進む歴史歪曲

    NEWSポストセブン

  7. 7

    ゴーン氏前妻 逮捕は当然の結果

    文春オンライン

  8. 8

    ゴーン氏失脚 日産には絶好機に

    吉田喜貴

  9. 9

    ゴーン氏逮捕で日産にメリットも

    ヒロ

  10. 10

    不可解なゴーン会長報酬の隠ぺい

    郷原信郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。