記事

男性の喫煙率が初めて3割を切る、20代男性で大幅減 「健康への影響が広く知られるようになってきた」と厚労省

厚生労働省が9月11日に発表した2017年の「国民健康・栄養調査」によると、男性の喫煙率は29.4%で、1986年の59.7%から半減している。特に20代男性では67.2%(1986年)から26.6%(2017年)まで大幅に下落している。

男女別・年代別に見ると、30代男性で39.7%、40代男性で39.6%と4割近くに上り、50代男性では33.4%、60代男性で30.6%となっている。女性では全体で7.2%、最も割合が大きい40代でも12.3%に留まっている。

飲食店で受動喫煙を経験した人の割合は、2003年の70.9%から2017年の42.4%に減少

喫煙率は年々減少

喫煙している人のうち、たばこをやめたいと思っている人の割合は、男性で26.1%、女性で39%となっている。

場所ごとに受動喫煙を経験した人の割合を聞いたところ、飲食店が42.4%で最も多かった。次いで、パチンコやゲームセンターなどの遊技場(37.3%)、路上(31.7%)となっている。

しかし飲食店で受動喫煙を経験した人の割合は、2003年の70.9%から大幅に減少。職場でも2003年の59.2%から30.1%にまで減少している。

同省の担当者は、「特定保健指導などの禁煙教育を通して、たばこの健康への影響が広く知られるようになってきた。国民の健康意識が高まり、たばこをやめたい、本数を減らしたいと思う人が増えた可能性がある」と指摘している。

「国民健康・栄養調査」のうち生活習慣についての調査は、全国の20歳以上の男女6598人を対象に2017年11月に実施された。

あわせて読みたい

「喫煙」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナ後の日本は失業者増えるか

    ヒロ

  2. 2

    米で広がる分断 アジア人も下層

    WEDGE Infinity

  3. 3

    コロナでトランプ惨敗説が急浮上

    WEDGE Infinity

  4. 4

    給付金寄付の強制は「責任転嫁」

    非国民通信

  5. 5

    渋谷で「一揆」補償巡りデモ行進

    田中龍作

  6. 6

    米の中国批判に途上国はだんまり

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  7. 7

    テラハ演者 陰湿さ増す悪魔構造

    女性自身

  8. 8

    重症者少ないアジア 人種要因か

    大隅典子

  9. 9

    マイナンバー遅れで残る利権構造

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  10. 10

    ブルーインパルス 文字を描いた?

    河野太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。