記事

トランプ大統領の背後で変顔する少年がネットで大人気

左上のチェックシャツを着た男性がタイラー・リンフェスティ (写真:The New York Times/Redux/アフロ)

芸とも呼べる自由奔放なスピーチで大喝采を浴びた。しかし、ネット中継を見ていた人々の視線は、大統領の後ろにいた少年が独占していた。

その少年は、大統領のすぐ後ろの特等席に座り、事あるごとにカメラ目線で眉を吊り上げたり、しかめ面をしたりとやりたい放題。目を見開き口パクで「What?(何だって?)」とスピーチにツッコミを入れることも。

Twitterは彼の話題で持ちきりとなり、「#plaidshirtguy(格子縞シャツの男)」というハッシュタグまで作られた。

「君が誰かは知らないが、今や君は私のヒーローだ」

「私たちみんなあなたが大好きだ! ここまで笑ったこと、ここ数年ないよ」

「彼が成人したら、ビールをおごりたい!」

行動からトランプ大統領の支持者ではないことは明かである上、主役であるはずの大統領を差し置いて、“格子縞シャツの男”がネットを席巻していることに広報担当者が業を煮やしたのだろう。女性が彼に近寄り何か囁くと、彼は連れ出され画面に戻ってくることはなかった。

New York Timesがこの男性を特集している。

彼の名はタイラー・リンフェスティ。17歳で、ビリングス・ウエスト高校に通っている。地元にトランプ大統領が来ると聞き、「スピーチを見逃すわけにはいかない」と友人と共に集会に応募した。その翌朝、VIPシートに当選したと報せるメールを受信。リンフェスティは友人と2人で集会へ出向くと、会場では主催者が拍手と喝采を指示してきたという。しかし、彼らはそれに従わなかった。眉を上げたり、ツッコミを入れたりといった行動については、「抗議しようと思ったわけではないんです。あれが彼が言っていたことに対する僕の正直な反応でした」と説明。

会場から連れ出された後、シークレットサービスが彼の身元を照会し、「もう帰れ、戻ってくるな、ととても丁寧に言われました」。トランプ陣営はこの件に関してコメントは避けている。

Twitterだけではなく、新聞社やテレビ局もこぞって彼を取り上げており、今やタイラー・リンフェスティはちょっとした有名人だ。

あわせて読みたい

「ドナルド・トランプ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    BTS炎上にみる韓国の被害者意識

    中田宏

  2. 2

    北方領土の交渉で日米同盟に危機

    天木直人

  3. 3

    北方領土の一括返還主張は理想論

    鈴木貴子

  4. 4

    「少年院出身アイドル」の破壊力

    松田健次

  5. 5

    経済不振で日本叩きを始める韓国

    WEDGE Infinity

  6. 6

    北方2島返還で日本は多くを失う

    木走正水(きばしりまさみず)

  7. 7

    NZ航空の低レベルサービスに驚き

    かさこ

  8. 8

    言い間違い連続の桜田大臣に呆れ

    小宮山洋子

  9. 9

    新型Mac miniは「いちいち快適」

    常見陽平

  10. 10

    徴用工 海外の日本資産も注目か

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。