記事

キートン山田 長寿アニメにおける声優の高齢化について語る




 第1次アニメブームで声優界を牽引し、その後、人気アニメ『ちびまる子ちゃん』のナレーションでおなじみとなったキートン山田さん(72才)。8月15日、亡くなった『ちびまる子ちゃん』の原作者・さくらももこさん(享年53)については、インタビュー前編で話してくれたが、今回はベテラン声優ならではの演技の工夫、声優の“高齢化問題”、そして31才年下の妻(41才)との結婚生活について語った。

――なぜ声優を目指したんでしょうか?

キートン:もともとは舞台か映画の方向に行きたいと思っていて、劇団に通いながらバイトをしていたんです。そんな時、日本で初めて声優専門のプロダクションを作るという柴田秀勝さんに出会って、「これからは声を使う分野が増えていくから」と、この業界に入れていただきました。アニメやゲームのみならず、今や家電にまで声が使われる時代でしょ。その通りになったわけです。もちろん、当時はそんなことまで想像できなかったけど。

 実際に声優をやってみたら難しくてね。その頃は声優学校や養成所がないから、先輩を見て学ぶしかない。先輩が先生でした。そうやっているうちに、声優が本職になってしまった。

――影響を受けた先輩は?

キートン:『ちびまる子ちゃん』でまる子の祖父をされた富山敬さん、『サザエさん』の波平をされた永井一郎さんとか、いっぱいいるんだけど、残念ながら亡くなられている方が多くて。現役の方なら、恩人の柴田秀勝さん。おかげで青二プロダクションに入って、声優の道が開けたわけだから。『ドラゴンボール』の孫悟空で知られる野沢雅子さんも尊敬しています。
 
――長寿アニメを中心に、声優の高齢化が進んでいますね。

キートン:ぼくが声優の仕事を始めた24、5才の時には、10才くらい上の人たちがメインでやっていました。それから40年以上たっているわけですから、いたし方ないですよね。

――高齢と言っても、やはりベテラン声優には、演技に深みがあります。

キートン:幸せだったなと思うのは、ぼくが若手の頃、先輩は昭和の始めを生きてきた人たちだったこと。いろんな人生経験がある戦前生まれの先輩たちを現場で見て勉強できました。同じ子供を演じていても、今の30代40代が演じる子供と、ぼくが見てきた先輩たちが演じる子供では、演技の深さが違う。豊かになって食べることに苦労したことがない、着るものにも困らない、便利な世の中に生まれた人に要求するのは難しいのかな。

 厳しいことを言う先輩もいたけど、それが成長に繋がりますから。今はそういう大先輩がいないところで、若い人たちだけの作品が増えたりしているようだから、学べる機会が減ったんでしょうね。

――歴史ある役柄を若い声優さんがバトンタッチしてやると最初はどうしても違和感があることが多いです。

キートン:それは新しいものとして考えるしかないよね。幼い頃から聞いていれば、その子はそれがその役の声だと思って育つと思います。新しい声優が無理に物まねで近い声でやるのも違うと思いますから。

――新しい動きとして、最近では、アニメ映画などで、俳優が声優をやるケースが増えています。

キートン:声優としては、くやしいよね。声優はいっぱいいるんだもん。でも俳優さんは個性があって、存在感があるわけです。冷静に考えると、タレントさんや俳優さんが演じると、その人らしさが出てくるよね。声優がやらない芝居をやっているから、どこか認めちゃうね。

――デビューした初期はキャラクターを演じることが多かったキートンさん。ナレーターをやるようになったのはいつですか?

キートン:38才の頃、改名してキートン山田になって初めてのバラエティー番組で、ナレーションのレギュラーになったんです。それが初体験でした。テープオーディションだったのですが、「変な名前のヤツがいる、その声を聞いてみよう」となって、ぼくに決まったそうです(笑い)。

――キャラクターを演じるのとナレーションは違う?

キートン:キャラクターにはキャラクターの面白さもあるんですけど、ナレーションもナレーションの世界があるので、自分らしく極めていこうと思っています。正解はないので、毎回、反省しながらやっています。

 本当の自分って、普段は見せないじゃないですか。この世界に入ると、まずは少しでも飾ってうまく見せたい、と考えてしまう。それを38才の頃やめて、田舎で生まれ育った自分を柱にしようと。すると何もできないんです。怖いよ。普通は、なにか演じてないと、演じろよ、もっとちゃんとやれよと言われます。その範囲の中で、なんとか表現しよう、ということを考えてね。確立したのは最近です。

――滑舌を保つためにしていることはありますか?

キートン:どんどん悪くなるので、年を感じるんだけど(苦笑)。口周りの筋肉が大事だから、風呂に入っているときに口の運動を毎日しています。医者から聞いた、口を大きく動かして「あいうベー」って舌を出す運動です。女房のめいっ子に言ったら、「それ、あいうべ体操だね。インフルエンザ予防にいいんだよ」って言われました。ぼくは滑舌のためにやってるんだけど。

 のどのためにしていることは、10年前から粉の龍角散を寝る前に飲んでいます。あと運動ですね。59才からマラソンを始めて、フルマラソンにも出場しています。

――2006年時、30才以上年の離れた今の奥さまと再婚。今でもラブラブだとか。

キートン:ぼくが59才のとき、相手は28才でした。年の差に戸惑いはなかったよ。結婚に踏み切った理由のひとつは、お互いに恵まれた家庭に育っていなかったこと。女房は若いのに、おばあちゃんの“下の世話”をしているとかいろいろあってね。ぼくの家庭も複雑で、5才でおばの家に養子に行っていて、貧乏な家庭で育ったんだよね。年齢じゃなくて、生活感が一緒だったということかな。

――キートンさんのお子さんたちより、奥さまの方が年下。

キートン: 3番目の子供と女房が同級生です。そりゃ、子供たちも戸惑ったでしょ。後から娘に聞いたんだけど、ぼくのおふくろは「いいよいいよ、10年間、黙って見ててやんな」と言ったんだって。

――年の差婚はおすすめですか?

キートン:できれば離婚しないのが一番いいけど、次を考えた時には、むしろ差があった方がいいかなと思う。ぼくは若い子の話にはついていけないし、向こうはぼくの年代のことは知らないわけ。そういうことを語り合うから、会話がいつも新鮮。それに、女房は近所付き合いが上手なんですよ。ぼくで年寄りに慣れてるから。

 テレビの録画、携帯の契約とか、ぼくは苦手な世代です。でも女房が飛行機の予約とかやってくれるの。同じ年代同士だとあきらめて小さな行動範囲になっていたかもしれない。本当に、年の差婚はおすすめだね。

――逆に年の差婚ならではの悩みはありますか?

キートン:好きな音楽の違い。ぼくの世代は演歌やジャズになるけど、向こうは今時の曲。お互いうるさく感じるんだよね。クラシックとか昔の映画音楽を聴いていると、向こうは興味がないから「いつまでかけるの」って言われる。食べ物より、音楽問題だね。もう慣れたけどね。

【キートン山田(きーとん・やまだ)】
1945年10月25日生まれ。北海道出身。1970年、声優デビュー。アニメ『一休さん』の将軍さま役やアニメ『サイボーグ009』の004役などで脚光を浴びる。1983年、山田俊司からキートン山田に改名。1990年、アニメ『ちびまる子ちゃん』のナレーションで再ブレイク。俳優・ナレーター・声優として活躍している。

撮影■浅野剛

あわせて読みたい

「声優」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    即位の礼 要人もどよめいた奇跡

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  2. 2

    文氏が天皇陛下宛の親書を送達か

    天木直人

  3. 3

    文氏低迷でGSOMIA維持派が台頭か

    高英起

  4. 4

    共産党が即位の礼に反対する理由

    畠山和也

  5. 5

    昭恵夫人にドレスコード違反の声

    女性自身

  6. 6

    竹中氏「日本人は童貞そっくり」

    PRESIDENT Online

  7. 7

    収入ギリギリの住宅を買うリスク

    長谷川高

  8. 8

    雅子さまの「祝宴ドレス」に注目

    文春オンライン

  9. 9

    患者の希望つけこむトンデモ医療

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    陛下の立ち位置を批判する朝日

    木走正水(きばしりまさみず)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。